『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催〈〆切間近〉

川本梅花 フットボールタクティクス

【時間の暴走】第14話:前田大然と笠原昂史、気になる2人の動向

フットボールショートコラム【時間の暴走】第14話

この時期になると、選手たちの移籍動向が注目を集める。あの選手は、どういう選択をするのだろうか。どのクラブから声がかかるのだろうか。ストーブリーグでの話は気になるものだ。

水戸ホーリーホックにおいては、この時期の選手移籍騒動は、毎年のようにやってくる。今季も、何人かの選手に誘いの声がかかるはずだ。その中でも、注目を集めているのは、写真にいる2人の選手である。

試合開始前に、ピッチを見つめて出番を待つ2人の選手。先に立つのは、前田大然選手である。彼は、松本山雅からのレンタル移籍なので、前所属クラブに戻ることになるのだが、噂では、代理人の関係で、セレッソ大阪への移籍話が出ている。いずれにせよ、J1リーグのクラブは喉から手が出るほどに欲しい選手である。前田選手は、今や五輪代表の候補選手に名前を連ねる存在になった。

前田選手を水戸にスカウトしたのは、西村卓朗強化部長である。実は、前田選手を見つけたのは偶然の賜物(たまもの)だった。ある日、強化部長は選手補強のためにリストアップしていたとある選手の映像を見ていた。その選手は、松本山雅の若手フォワードだった。その時、偶然に、注目していた選手の横でプレーしていたのが、前田選手だったのである。西村強化部長は、「この選手はいいな」とすぐに目をつけて、予定の選手ではなく、前田選手にオファーを出した。そうして、今季水戸にやってきた前田選手は、大ブレークを成し遂げる。

西村強化部長は、選手を見る目がしっかりしている。例えば、今季FC大阪から加入したサイドバックの浜崎拓磨選手も西村強化部長がスカウティングした選手である。田向泰輝選手からポジションを奪うほどに活躍した。

もう1人の移籍の噂があるのは、笠原昂史選手である。昨シーズンから開花した才能は、今季、セーブの確率とフィードの正確さにおいてJ2リーグのゴールキーパーの中でも1、2位にランクインする。自分の能力を発揮するために、技術とメンタルを向上させた結果が記録となって現れた。他のクラブが、是非とも獲得したいGKに成長した。本サイトでも、笠原選手に関しては、注目して取材してきたので、僕としても評価されたことは嬉しい。ただ、もしかしたら、水戸でのプレーが見られなくなるかもしれないことは寂しい限りである。

去って行く人もいれば、やって来る人もいる。この時期は、やっぱり、寂しい気持の方がまさってしまう。

川本梅花

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ