大久保嘉人に見る、ベテランの味わい方(J論)

川本梅花 フットボールタクティクス

フランスの「笑い」に含まれるシニカルさとは…【フットボールシネマの逆襲】映画「ディディエ」を見て

【フットボールシネマの逆襲】映画「ディディエ」を見て

サッカーがドーバー海峡を超えてフランスへ上陸したのは、ル・アブールという土地だった。したがって、フランス最初のフットボールクラブは、1872年に創設された「ル・アブール・アスリート・クラブ」である。やがてイギリス人の居住地がノルマンディー地方やフランス北部地方、さらにパリへと広がると同時に、サッカーはフランス全土に普及していった。そしてフランスで初めて行なわれたプロ選手権は、1932-33年のシーズンに、36のクラブが2つに分かれて参加した大会である。これが実際上のフランス1部リーグの前身と呼べる組織化した球技会であった。

映画のプロット

フランスのサッカー1部リーグのクラブマネージャーであるピエールは、友人からディディエと名づけられた犬を預かる。その日の深夜、部屋の中に天から青い光が降り注ぎ、一瞬にして犬が人間に変身してしまう。やがて、ディディエは、並外れた運動神経を生かしてサッカープレーヤーとして活躍をするという話。リーグアンのパリ・サンジェルマンが全面協力している。試合のシーンや実況中継も迫力もの。コメディー映画の秀作である。

ただのおバカ映画ではない

今回、話題にする映画は、フランス1部リーグに所属する弱小クラブが舞台になっている。犬役で主演と監督を兼ねたアラン シャバは、「レ・ニュル」というフランスのお笑いトリオの一員である。犬を預かって四苦八苦する様子を演じたのは名優ジャン ピエール バクリ。「犬が人間に変身する」という奇想天外な物語も、役者たちの演技がしっかりしているので、ただのおバカ映画にはなっていないのである。

クラブチームのマネージャーのピエールは、ラブラドール・レトリーバーを預かる。なぜ、この映画ではラブラドール犬が採用されたのか? 単純にラブラドール犬の大きさが、変身した人間の大きさに比例するからであろうが、ここでは別の理由を考えてみたい。

(残り 587文字/全文: 1401文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック