川本梅花 フットボールタクティクス

【無料公開】笠原昂史の魂のセービングは大宮でも健在だろう【孤独な暁と無花果の蕾】移籍を決断した笠原昂史を応援します

【孤独な暁と無花果の蕾】移籍を決断した笠原昂史を応援します

笠原昂史が大宮アルディージャに移籍する。

昨季の成績と実績を見れば、大きなクラブへの移籍は当然なことだ。水戸の関係者と話をしていても、「笠原は他のクラブから話があると思うよ」と言わせるほどに、オフの移籍の目玉選手であった。大宮がJ2で戦うことになった今季は、水戸との対戦もあるから、水戸サポーターにとっては複雑な心境になるかもしれない。しかし、練習場からクラブハウスまで、一流の環境でプレーできることになった笠原を応援せずにはいられない。

なぜなら、私は、本サイトを始めた時に、笠原のコラムを書いて、ずっと注目していたからだ。

これから紹介する2本のコラムは、ぜひ、大宮サポーターに読んでもらいたい。

【警告の代弁】長身ゴールキーパーの可能性 笠原昂史(水戸ホーリーホック)

上記のコラムは、元U-20ホンジュラス代表GKコーチの山野陽嗣(@yoji_yamano)に話を聞いて、笠原のゴールキーパーとしての可能性を探ったものだ。

【言葉のパス】第1回:遅咲きのゴールキーパー、笠原昂史の魂のセービング

このコラムは、笠原が第2GKだった頃、正GKの座をつかもうとしていた時代を描いている。

彼はこの時、こうして話した。

「俺は、俺を許すのか。俺が変われれば、新たな景色が見えてくるかもしれない」

そして、笠原は、過去の自分を叩き壊して、新たな自分を作っていった。その結果が、大宮からのオファーへと繋がった。

とにかく、大宮に行ってもガムシャラに、ひたむきに、私が書いたノンフィクションの頃の自分を思い出して、謙虚にサッカーに取り組んで欲しい。

私は、ナックで君と再会するのを楽しみにしている。

川本梅花

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ