【サッカー人気2位】リカルド監督が7連戦を戦い抜くために必…

川本梅花 フットボールタクティクス

【インタビュー】「絶対に見返してやろう」とGK横山卓司は誓った【会員限定】ゴールキーパー争いに注目、横山卓司対伊藤拓真

【ラインメール青森FC通信】ゴールキーパー争いに注目、横山卓司対伊藤拓真

昨シーズンの9月23日、JFLセカンドステージ第9節、FC大阪戦の敗戦(2-4)によって、当時監督だった葛野昌宏は、正ゴールキーパーの伊藤拓真から横山卓司への交代を決断した。

10月8日の第10節の栃木ウーヴァFC戦から、11月12日の最終節のヴェルスパ大分戦までの6試合に先発したGKは伊藤ではなく横山だった。なぜ、横山が試合に使われるようになったのだろうか。

それは、ラインメール青森の戦い方に関係している。最終ラインを高くして攻撃に人数をかけて戦うやり方をとった青森は、必然的にディフェンス陣とGKの距離が開く。その距離を埋めるのが、GKの役割となる。つまり守備範囲が広いGKが必要になってくる。

(残り 2129文字/全文: 2464文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ