大久保嘉人に見る、ベテランの味わい方(J論)

川本梅花 フットボールタクティクス

“困りの者”のトリックスターが新しい価値を創る【フットボールシネマの逆襲】映画「ベッカムに恋して」を見て

【フットボールシネマの逆襲】映画「ベッカムに恋して」を見て

映画のプロット

舞台は、ロンドンの西部郊外にあるヒースロー。主人公の女の子ジェス(パーミンダ ナーグラ)は、インド系移民2世でシーク教の伝統を守る家庭に生まれた。ある日、彼女は公園でストリートサッカーに興じていた。彼女のプレーを見つけたジュールズ(キーラ ナイトレイ)は、彼女を自分のクラブに誘う。異文化に生まれた親に反対されながらも、人々の助けによってアメリカの大学にスカウトされるまでを描く。恋と友情、家族の愛と葛藤を描いた快作。

ヘッセの『デミアン』の一節を思わせる

映画『ベッカムに恋して』の原題「Bend It Like Beckham」は、「ベッカムのようにボールを曲げろ」の意味。デイビッド ベッカムのFKは、彼にしかできない技術でもってカーブを描いてゴールマウスに吸い込まれる。彼のキックが決まる瞬間は「神の力が働いてゴールしたに違いない」と思える時がある。

僕たちは、ベッカムが蹴ったボールが信じられないような回転でゴールした場面や、考えられないような角度からのゴールを何度も目撃してきた。作家ヘッセは、『デミアン』の中で「鳥は神に向かって飛ぶ」と書き記した。このアフォリズムは、ベッカムが蹴ったボールの曲線を物語っているようだ。ベッカムのFKは、蹴られたボールがゴールマウスを目指して、まるで「神に向かって」飛んでいくように放たれる。

シーク教と偶像崇拝、そしてベッカム

デイビッド ベッカムは、1986年に11歳でマンチェスター・ユナイテッドのサッカースクールに入学する。彼は2003年6月にレアル・マドリーに移籍するまで、17年間をオールドトラッフォードで過ごした。マンチェスター時代のベッカムの最も輝かしい活躍は、FAプレミアリーグ、FAカップ、UEFAチャンピオンズリーグの三冠を達成したシーズン(98-99)だろう。映画『ベッカムに恋して』は、そんなマンチェスター時代のベッカムに恋い焦がれる女の子の成長物語が描かれている。

(残り 1529文字/全文: 2375文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック