【サッカー人気5位】【トリコロール研究所】上海上港戦でPK…

川本梅花 フットボールタクティクス

「水戸は本当にJ2へ留まれるんですか」と聞かれたあなたはどう答える?【フレームの外の景色】第6話:2018年の水戸ホーリーホックを占う

フットボールロングコラム【フレームの外の景色】

「いばらきサッカーフェスティバル2018」が、2月3日(土)にケーズデンキスタジアム水戸で開催されました。水戸ホーリーホックは鹿島アントラーズと対戦。試合は、3-4で逆転負けを喫しました。

http://www.mito-hollyhock.net/games/8296/

この試合は、スタジアムで観戦できませんでしたが、スカパー!の中継を録画し、翌日の午前中に見ました。見終わって、Twitterで簡単な感想を投稿したものの、文章を見直さないで、そのまま流したため、誤字脱字が何個かあり、恥ずかしくなって、というより批評した選手に失礼だなと思い、投稿を削除しました。

そうしたら、とある水戸サポーターから、「えーっ!! 大体内容分かるのに」という言葉をいただいたこともあり、「ちゃんと書こう」と思い立った次第です。

選手の入れ替えをどのように捉えるべきか?

まず話さなければならないのは、昨季活躍した主力選手何人かの移籍です。得点力のあるストライカー2人が抜け、前線ならどこでもこなせる選手や、後方で惜しみなく活躍する選手の退団は、大きな出来事と言って間違いありません。

もちろん、彼らが今季も在籍していたら、チームの力になったはずです。しかし、大きく選手を替えなければできない構造変革があったとも考えられます。

(残り 4909文字/全文: 5483文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック