【サッカー人気1位】ブラウブリッツ無敗優勝に「オシムの一番…

川本梅花 フットボールタクティクス

交代させるべきだった #トニ・クロース … #ジネディーヌ・ジダン の逡巡【決定的な1分間】 #レアル・マドリー 0-3 #FCバルセロナ

分析対象試合

2017年12月23日リーガ・エスパニョーラ第17節
レアル・マドリー 0-3 FCバルセロナ

54分 ルイス スアレス(FCバルセロナ)
64分 リオネル メッシ(FCバルセロナ)
90+3分 アレイクス ビダル(FCバルセロナ)

分析理由

今季のレアル・マドリー(以下R・マドリー)は、もはやリーグ優勝から遠ざかってしまった。そうした中で、勝てない責任をジネディーヌ ジダン監督の采配ミスに集約する論調がある。その1つに、2017年12月23日のFCバルセロナ戦(以下バルサ)での敗北につながった、コバチッチ選手の起用とメッシ選手へのマンマーク指示が挙げられる。

本サイトでは、対バルサ戦の敗北の原因を探ることで、今季のR・マドリーが勝てない一因を考えてみたい。また、この分析のキッカケになったのは、月刊誌『フットボリスタ』での「クラシコでジダンが犯した、取り返しのつかない采配ミスとは?」というコラムにある。初代編集長の木村浩嗣さんは、以下のように記述した。

「ジダンのミスとはコバチッチに集約されている。(中略)ジダンの決定的なミスは後半に起きた。そのコバチッチのポジションをカセミロの位置まで下げ、メッシをマークさせたのだ。これが試合を劇的に変えることになる。コバチッチを下げたことでR.マドリーのプレスと守備ブロックの位置も下がった。が、それだけではなく気持ちの面でもアグレッシブさが失われ、フィジカルの面でもまるで急に疲労したかのように動きが緩慢になった。」(p.9)

詳しいことは、本サイトの以下のコラムを読んでいただきたい。

クラシコでジダンが犯した采配ミスは、本当にそこですか?【おいしい雑誌】月刊『フットボリスタ』2月号 Issue053

【無料公開】クラシコでジダンが犯した采配ミスは、本当にそこですか?【おいしい活字】月刊『フットボリスタ』2月号 Issue053

この分析談話を読まれる前に、問題となる54分の失点場面を記そう。次のような展開があった。

トニ クロース選手が味方にパスしようとしたボールが、バルサの選手に渡る。そのボールを受けたセルヒオ ブスケツ選手がプレスに来たクロース選手をかわして、フリーのイヴァン ラキチッチ選手にパス。一方で、戦犯とされるコバチッチ選手は、ボールを持っているラキチッチ選手を追わずに、フリーランニングするメッシ選手に付いていこうとする。そして、ラキチッチ選手からセルジ ロベルト選手へ行ったボールは、走り込んで来たルイス スアレス選手に渡って、彼は簡単にゴールを決める。

読者には、この場面を頭に入れてもらって、分析を始めることにしよう。まずは、問題の場面から検証する。

バルセロナ在住の堀江哲弘(@tetsuhorie)が分析を担当した。

ジネディーヌ ジダン、10分間の逡巡

――バルサの1点目。後半9分にスアレス選手が得点しますが、カウンターの教科書のような展開です。話題になるのは、コバチッチ選手のプレーです。

堀江 得点のシーンですが、コバチッチ選手がメッシ選手に付いていくか、ボールに行くか迷っているうちに、想定外のドリブルを仕掛けられます。ここでメッシ・ラキチッチ対コバチッチの2対1になっています。数的不利ですね。ここで考えなければならないのは、なぜ、2対1になってしまったのかです。そうなる前の段階を見ないといけない。果たして、メッシ選手とラキチッチ選手がフリーでいて、1人で守れるか? 僕は、この場面でコバチッチ選手を責めるのは酷だと思います。2対1になる前に、どういうボールの失い方をしていたのかが問題だからです。

――2対1になる前、どんなことが起こったのでしょうか?

堀江 トニ クロース選手が簡単な縦パスを凡ミスしました。そこからバルサのカウンターが始まっています。後半8分8秒の出来事です。クロースが左サイドでドリブルしていく。カリム ベンゼマ選手にパスを出そうとします。そのボールをセルジ ロベルト選手にインターセプトされます。

見ている方向にパスを出してはいけない。パスを出す時の原則ですよね。見ている方向にパスを出したら、相手に読まれるからです。プロフェッショナルなクロース選手がこうした凡ミスをやってしまう。それには、ある理由があるんですが、それは後ほど触れることにして、ともかく、あのクロース選手がミスをしてしまった。これが引き金になっています。

――ベンゼマ選手が裏に抜けようとしたので、その動きに合わせてパスを出したんですね。でも、ベンゼマ選手のポジションだとオフサイドになる確率が高い。ベンゼマ選手以外の選択肢として、左サイドにマルセロ選手がフリーでいました。クロース選手には見えていたはず。

堀江 もし、ベンゼマ選手にパスを出すのであれば、マルセロ選手に出すと見せ掛ける必要があります。身体をマルセロ選手の方を向け、ベンゼマ選手へパスを出したならば、成功する可能性があります。しかしクロース選手は、向いてる身体の方向も、見ている方向も、「縦パスを出します」という向きでした。しかも右足でパスを出しているので、余計に分かりやすい。クロース選手がボールを止める位置も問題です。初めからベンゼマ選手にパスを出そうとしてのトラップだと分かります。おそらくトラップした場所を見て、ロベルト選手はインターセプトの狙いを付けたのでしょう。それに、ボールを奪われてからのプレーを見てください。

――諦めて歩いていますね。

堀江 ブスケツ選手になんとかプレスに行くのですが、全く動けていない。ボールを奪うタイミングとして、相手がターンしたタイミングがボールを奪うチャンスなのですが、クロース選手は行けていない。ただし、ここではクロース選手だけが問題ではありません。ルカ モドリッチ選手は、自分がマークしないとならないラキチッチ選手を見ていないのです。ラキチッチ選手には自分の背後を取られています。これは一瞬の隙なのですが……。

そして、問題の場面がやってきます。コバチッチ選手は自分から見て、メッシ選手がいる左方向を抑えるか、それともラキチッチ選手がいる右方向を抑えるのか。迷っているうちに、ラキチッチ選手がドリブル突破を試みる。本来ならば、ボールを持っているラキチッチ選手に付いていく必要がある。潰(つぶ)すならラキチッチ選手です。メッシ選手は利き足が左利きなので、ボールをもらったとしても、あの位置から縦への突破は難しい。さすがのメッシ選手であっても、です。

バイタルエリアの中では、5対4になってしまっています。ボールを失ってからのダニエル カルバハル選手の戻りも遅れています。

――自陣でボールを奪った後に、バイタルエリアに入ってからダイレクトパスの交換によって得点を決める。カウンターの見本です。

堀江 そう、カウンターの教科書のような展開です。この失点で、R・マドリーの選手たちの動きがおかしいと、ジダン監督も分かった。そのことは、55分にベンチで第2監督と話し合っていることから分かります。そしてジダン監督は迷います。どのような交代をするべきかと。

そうこうしているうちに、R・マドリーが2失点目を喫してしまう。やっと腰を上げて交代に踏み切るのですが、間に合わなかった。これは「勝負のアヤ」です。1失点目でクロース選手を交代させるべきでした。カルバハル選手がレッドカードで63分に退場してしまう。1失点目が54分でしたから、9~10分の間に、選手交代をしてチームを立て直すチャンスがあったのですが、決断できなかった。

――ジダン監督が第2監督と相談して迷った約10分間が、試合を左右したことになりますね。

早々に交代させるべきだったトニ クロース

――ところで、なぜクロース選手を早々に交代すべきだったのですか?

(残り 2900文字/全文: 6046文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック