都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

川本梅花 フットボールタクティクス

【無料公開】僕たちは、昇格に賭けている #jfl 【#ヴァンラーレ八戸 FC通信】#山田賢二 に試合の感想を聞いた #全緑

第20回日本フットボールリーグのファーストステージが第2節まで終了した。ヴァンラーレ八戸(以下八戸)は、第1節の東京武蔵野シティFCに対して、前半35分に高見啓太選手のゴールで勝利する(1−0)。ホームの開幕戦となった第2節は、流経大ドラゴンズ龍ケ崎を迎えた。試合は、前半14分に井上翔太郎選手のゴールで試合を決める(1−0)。

八戸は、幸先のよい連勝によって、雪国のチームの難点であった開幕ダッシュに成功した。

3月25日に行われる第3節は、とても注目される戦いになる。なぜなら、対戦相手は、八戸と同じようにJ3昇格を目指す奈良クラブであるからだ。ともに開幕2連勝のチームである。

また、奈良クラブには、前ラインメール青森(以下青森)のプレーヤーが3人移籍した。彼らの名前は、村瀬勇太選手、近石哲平選手、横野純貴選手である。彼らは、開幕から2試合、スターティングメンバーで試合に出ている。

青森から八戸に移籍して来た選手も3人いる。秋吉泰佑選手、酒井大登選手、中村太一選手である。中村選手は、怪我で開幕戦にベンチ入りできなかったが、秋吉選手と酒井選手は、チームの中心選手として試合に絡んでいる。

奈良クラブの3選手も八戸の3選手も、葛野昌宏監督のもとで鍛錬された選手たちである。同時に、奈良クラブの3選手は葛野監督のやろうとするサッカーを熟知している点から、八戸にとって青森以上に手強い対戦相手と言える。

25日の奈良クラブの対戦を踏まえて、今現在の八戸は、チームとしてどのような仕上がりにあるのかを計るために、開幕戦で勝利した後に、チームの中心選手の山田賢二選手と秋吉選手、さらに葛野監督に話をうかがった。

まずは、ゴールキーパー(以下GK)の山田賢二選手から紹介することにしよう。
山田選手の経歴は、室蘭大谷高校を卒業して国士舘大学に入学する。2011年に、当時東北2部リーグに所属していた八戸に加入した。そして、チーム生え抜きの選手として、J3昇格を目指している。

「今年に賭ける」という思いが強い

ーー89分に前田柊選手がペナルティエリア内でファールをしました。それによってペナルティキック(以下PK)を与えることになります。試合終了が迫ったあの場面で、よくPKを止めましたね。止めた時は、最後まで相手がどちらに蹴ってくるのか我慢していたんですか?

山田 ギリギリまで我慢しようと思っていたんですが、僕が少し先に動いてしまったんです。運がよかったですね。

ーー試合の前半も、相手のミドルシュートをゴール外に弾きだしました。

山田 集中してゲームに入れていたのでよかったです。

ーー山田選手の身長は180cmですよね。それにしても、ハイボールに強いですね。

山田 今日は、実は僕の中で結構ミスがあったんです。

ーーそれはどんなミスですか?

山田 相手のロングスローに対して、うまく入れなかったんです。

ーー風も強く、あっちに流れたりこっちに流れたりして、風向きが何度も変わりましたからね。ロングスローも風の影響はありました。それに、フィードが難しかったのでは?

山田 確かに難しかったんですが、キックの質を上げなければ、上では戦えないですから。

ーー後半は、高いボールを意識的に蹴っていました。

山田 押し込まれる時間が続いていたので、相手がなかなかはね返せないボールを意識して蹴っていました。

ーーなるほど、ことごとく相手はセカンドボールを拾ってきていましたからね。軌道が高いボールを蹴ることで、相手のボールの処理を難しくしようとした。前線の競り合いでも八戸は負けていましたからね。
ところで、クズ(葛野)さんが監督になって、なにか変わったことはありますか?

山田 チームが明るくなりました。コミュニケーションが取りやすい監督なので、連帯感が生まれています。

ーー同じ県のライバルチームである青森からの就任なので、八戸の生え抜き選手としては、どこか違和感がありませんでしたか?

山田 最初は、怖い監督なのかな、と思っていたんです。でも、親しみやすいので、少し驚いています。実際に接して見て、いい監督ですよ。

ーー開幕戦のこの試合は、八戸にとって難しい試合になりました。

山田 全体的に入りが重かったので、そこのところは修正しないとならない。試合中に、自分たちで修正できたと思うし、修正しないといけない。

ーーGKはフィールドプレーヤーを後ろから見ることになりますよね。GKから見て、チーム全体がボールを大きく蹴っているという印象がありませんでしたか?

山田 戦い方として、ロングボールを蹴って、そこからボールを運びたかったんです。今日は、まったくうまくいかなかったですね。問題なのは、どこを狙ってボールを蹴るのかという場所ですね。結局、セカンドボールが拾えない状況になりましたから。その点は、向こう(東京武蔵野シティ)が優っていました。

ーースタンドまで聞こえるほど大きな声で、コーチングされていました。

山田 大きい声で常に喋ることは、監督から要求されていることです。

ーー開幕戦の試合の感想というか、総括をお願いします。

山田 勝ったと言うことが大きいんです。僕たちは、昇格に賭けている。勝ち点3をどんなことがあっても取らないとならない。試合の内容は、よくなかったけど、勝てたことは大きい。

ーー去年のチームとは、雰囲気が違いますか?

山田 毎年昇格が掛かっています。それに賭ける気持ちは変わらないんですが、あと1歩のところで上がれなかった、という現実があります。「今年に賭ける」という思いが強い選手が、チームに残っているので、いい雰囲気の中でやれています。

ーーありがとうございました。

                                       川本梅花

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック