大分トリニータ気鋭の「頭脳」が語るJ1再開と展望(J論)

川本梅花 フットボールタクティクス

【無料公開】アマチュアの雰囲気を出したら、絶対に勝てない #jfl 【#ヴァンラーレ八戸 FC通信】#秋吉泰佑 に試合の感想を聞いた #全緑

第20回日本フットボールリーグのファーストステージが第2節まで終了した。ヴァンラーレ八戸(以下八戸)は、第1節の東京武蔵野シティFCに対して、前半35分に高見啓太選手のゴールで勝利する(1−0)。ホームの開幕戦となった第2節は、流経大ドラゴンズ龍ケ崎を迎えた。試合は、前半14分に井上翔太郎選手のゴールで試合を決める(1−0)。

八戸は、幸先のよい連勝によって、雪国のチームの難点であった開幕ダッシュに成功した。

3月25日に行われる第3節は、とても注目される戦いになる。なぜなら、対戦相手は、八戸と同じようにJ3昇格を目指す奈良クラブであるからだ。ともに開幕2連勝のチームである。

また、奈良クラブには、前ラインメール青森(以下青森)のプレーヤーが3人移籍した。彼らの名前は、村瀬勇太選手、近石哲平選手、横野純貴選手である。彼らは、開幕から2試合、スターティングメンバーで試合に出ている。

青森から八戸に移籍して来た選手も3人いる。秋吉泰佑選手、酒井大登選手、中村太一選手である。中村選手は、怪我で開幕戦にベンチ入りできなかったが、秋吉選手と酒井選手は、チームの中心選手として試合に絡んでいる。

奈良クラブの3選手も八戸の3選手も、葛野昌宏監督のもとで鍛錬された選手たちである。同時に、奈良クラブの3選手は葛野監督のやろうとするサッカーを熟知している点から、八戸にとって青森以上に手強い対戦相手と言える。

25日の奈良クラブの対戦を踏まえて、今現在の八戸は、チームとしてどのような仕上がりにあるのかを計るために、開幕戦で勝利した後に、チームの中心選手の山田賢二選手と秋吉選手、さらに葛野監督に話をうかがった。

ゴールキーパーの山田賢二選手に続いて、秋吉泰佑選手を紹介しよう。
秋吉選手の経歴は、ルテール学院高等学校サッカー部で第86回全国高等学校サッカー選手権大会にキャプテンとして出場する。その後の彼のサッカー履歴は、シンガポールやボスニア ボスニアヘルツゴビナなどの海外クラブを渡り歩く。日本に帰国してからヴァンフォーレ甲府と契約してJリーガーとなる。今季、青森から移籍してきて、再びJの世界でプレーすることを望んでいる。

嫌われ役でいいと思っています

ーー青森時代は、シャドーで起用されていました。センターハーフ(CH)の時もありましたが、開幕戦も、そのポジションでプレーしました。

秋吉 そうですね、こっちに来て、酒井と組んでボランチのポジションをやっています。中村もそうですが、クズさんのサッカー戦術を理解していますから。前線を含めて、誰が試合に出ても機能するような布陣が組まれています。今日は、僕がボランチで入ったんですが、誰が出てもボランチでの役割がはっきりしています。

ーーそう言えば、(前青森の)河端(和哉)くんが、「秋吉はボランチで使った方がいい」と言っていたんですよ。

秋吉 ラインメールの時の紅白戦で、バッ(河端)さんが「秋吉は顔を上げてボールを持つタイプだから、相手からしたら嫌な選手なんだよな」と言われたことがあったんです。そういうのを含めて、ボランチでのプレーは、やり甲斐があります。いつも心がけているのは、シンプルな時はシンプルに、繋げる時は繋ぐ、という意識を持ってプレーすることですね。

ーー今日の試合は、プレーして見ていてどう思いました。・

秋吉 クズ(葛野監督)さんも言っていたんですが、向こう(東京武蔵野シティ)の方が優れていました。今日の試合は、自分自身も納得がいかない。個人のデキもそうですし、チームとしてのデキも悪かった。向こうの方が、シンプルにサッカーをやっていた。それに、向こうの方が、気持ちも入っていた。

僕らは、自分たちのサッカーができなかった。相手がどうのこうではなく、自分たちができなかった。そこは本当に、改善しなければいけない。もちろん、僕も含めてなんですが。

ーーところで、青森から八戸に移籍してきました。ラインメールは、移籍を引き留めたでしょ?

秋吉 ものすごく評価してもらいました。

ーープロと呼ばれる存在ならば、もう一度、Jリーグでプレーしたいと思うよね。

秋吉 青森にいて、具体的な目標設定が本当に可能なのかと考えたんです。

ーー2020年にJリーグに加入する目標のことですね。青森国体があって、その際に建設された陸上競技と併用のサッカー場をホームにする計画があります。

秋吉 どうしようか、と考えている中で、ちょうどクズさんからの誘いがありました。八戸のクラブも熱心に言葉をかけてもらった。「力になってくれ」と。正直、条件だけ見たら、ラインメールの方がよかったんです。

ーー年齢のこともありますよね。28歳の秋吉くんにとっては、Jリーガーに戻れる最後のチャンスかもしれません。

秋吉 サッカー選手である以上、高みを求めたいので、僕は八戸でプレーしようと決断をしました。

ーー(中村)太一とか酒井くんは、先に移籍が決まっていたの?

秋吉 中村と酒井が先に決まっていました。僕は、本当にギリギリまでどうするべきか迷っていたんです。実は、Jのあるクラブからも移籍の話があったんです。

ーーそうなんだ。まあ、秋吉くんのプレーを見ていて、どうしてJのクラブから解雇されたのか不思議に思っていたくらいだから。テクニカルな面でもメンタルな面でもね。
ところで、今振り返ると、ラインメールの選手はストイックな選手が多かったよね。サッカにしても日常生活にしても。

秋吉 ラインメールの選手はストイックですよ。真面目なチームでした。八戸も、みんな自分自身が何をしなければいけないのか、という意識を持ってやることはやっているんです。逆に、八戸のいいところは、若い選手がいることですね。いい感じのノリがあるんですよ。だから、勢いに乗ったらいける、と思うんです。酒井を含めて、僕たちはチームを絞め時は締める役割を担わないとならない。僕は、嫌われ役でいいと思っています。「こうしよう」「こうしたい」と積極的に発言しています。厳しく話すこともあります。だから、僕自身も自分の発言に恥じないようなプレーをしないといけない。

ーーああ、なんだか、河端くんのイズムが秋吉くんには受け継がれているね。

秋吉 僕が一番受け継いでいる、と思います。ラインメールにいたら、今と同じようにしていた。選手に対して「言う」タイプなので。しっかりやらないと、勝てない。気持ちの部分でも、間違ってもアマチュアの雰囲気を出したら、絶対に勝てない。

ーー思いを聞かせてくれて、ありがとうございます。次は、流経大ドラゴンズ龍ヶ崎戦の後にお話を聞かせてください。

川本梅花

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック