【サッカー人気4位】リカルド監督が3連勝で攻撃面でも改善の…

川本梅花 フットボールタクティクス

勝利の瞬間に「気は確かかと言ってくれ!」と絶叫した【フットボールシネマの逆襲】映画「ベルンの奇蹟」を見て

【フットボールシネマの逆襲】映画「ベルンの奇蹟」を見て

映画のプロット

物語の舞台は、第2次大戦終結から9年が経過した工業都市エッセン。サッカードイツ代表は、1954年のスイスW杯に出場を決める。開催地は首都ベルン。主人公の少年マチアスは、地元選手のヘルムート ラーンを慕う。ラーンが代表に選ばれてベルンに旅立った後、主人公の少年は、11年間ソ連に抑留されていた父の帰国を母から知らされる。やがて少年は、ある行動に出る。この映画は、戦後のドイツ人に再生と勇気と希望を与えた奇蹟の物語を描いている。

映画のリアルは、セットと編集技術と出演者によって作られる

監督・製作・脚本を担当したボルトマンは、元ブンデスリーグの選手であった。そのためかスイスW杯の決勝会場になったバンクドルフ・サッカースタジアムを、ドイツのボンに当時のままに再現させてしまったほど、サッカー場の雰囲気にこだわりを持ってこの映画が作られた。監督は、初日の撮影をこの仮設スタジアムから始めたと言う。

さらに彼は、ドイツでは初めての「デジタルカラー調整プロセス」という技術も採用した。従来の映画は、フィルムで撮影され現像されたネガからプリントを焼いて、それをエディターが、じかに切り取りしていた。現在では映像をコンピューターに取り込んで、そこからエディターがコンピューター上で編集を仕上げる。したがって、フィルムのカラー調整は、デジタル技術によってコンピューター上で行われ、複雑で高度な色を出すことができる。

またこの映画のリアリティーに一役買っているのが、父親役のペーター ローマイヤーと息子役のルーイ クラムロートが実の親子であることだろう。親子共演を通した何気ないやり取りによって、11年たって再会する親と子供の距離感が、時間の経過とともに少しずつ近づいてくるリアルさを表現できている。

ドイツの再生と親子の再生

この映画は、父と子供の再生を描いているだけではなく、戦後のドイツ人の再生をも描こうとしていると言える。ソ連の捕虜として過ごした人間。その再生のキッカケは、1954年7月4日の「ベルンの奇蹟」がもたらしたものという設定である。

(残り 2373文字/全文: 3269文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ