川本梅花 フットボールタクティクス

セットプレーには気をつけろ! 【#水戸ホーリホック のハッピーソング】#東京ヴェルディ 戦から #京都サンガF.C. 戦の見どころを探る

明治安田生命J2リーグ 第10節 東京ヴェルディ対水戸ホーリーホックの試合を観戦するために、4月21日の土曜日の午後、味の素フィールド西が丘に行ってきた。試合は、周知のように、0-3の完敗で水戸が敗れた。

【得点者】
10分 畠中槙之輔
78分 ドウグラス ヴィエイラ
90分 アラン ピニェイロ

試合は、東京のセットプレーからの2失点で決ったと言える。福井諒司が退場したことで不利になったのは事実だが、2失点目もセットプレーからであり、水戸の守備陣形を崩されたわけではないから、マークさえきちんとしていれば、たとえ1人少ない状況でも、防げた失点だったのではないのか、と考えられる。

記者席から見ていて、「あれ、この展開はどこかで見たことがあるな」と思わせた東京V戦だった。それは、4月1日の町田ゼルビア戦のリプレーを見ているようだったからだ。先に1点を取得した相手チームは、自陣に引いてカウンターというやり方を選択する。そうすると、ある程度ボールを持てるようになってくる。しかし、相手は、あえてボールを水戸に持たせているので、裏へのスペースもミドルシュートのコースをも消されているのである。そうした中で、水戸の選手たちは、ボールは持てるがなかなか攻め込めない、と認識させられてくる。それでも、得点機会はあるので、このままやり方を変えないで攻撃していけば、同点のチャンスがあると思わされて、同じようなやり方をしてしまう。しかし、状況は変わらずに敗れてしまう。これが、町田戦と東京V戦での水戸だった。そうした停滞した状況の時は、思い切ってやり方を変えるのも一つだと思う。

さて、失点したセットプレーの守備について話さなければならない。

(残り 1939文字/全文: 2644文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ