【サッカー人気5位】年間最優秀選手は審判が決め表彰式はドレ…

川本梅花 フットボールタクティクス

どんな状況でも、この世にはフットボールがある【フットボールシネマの逆襲】ドキュメンタリー『引き裂かれたイレブン~オシムの涙~』を見て

【フットボールシネマの逆襲】『引き裂かれたイレブン~オシムの涙~』を見て

フランス語を話す2人の指導者。ともにサッカー日本代表監督を務めた2人。イビチャ オシムとヴァイッド ハリルホジッチは、志半ばに代表監督から身を引くことになった。

ハリルホジッチ前監督は、2018FIFAワールドカップ ロシアを2カ月後に控えた段階で、契約を解除される。この事態を受けて、日本サッカー協会の技術委員長を務める西野朗が、代表監督に就任した。ハリルホジッチの解任劇を見て、なぜかオシムのことを思い出した。

今回、取り上げるのは、ドキュメンタリー作品である。ドキュメンタリーは、歴史という事象を映像で追憶することだと思う。『引き裂かれたイレブン~オシムの涙~』は、旧ユーゴスラビア代表の最後の監督となったオシムと、当時代表でプレーしていたプレドラグ ミヤトビッチ、ダヴォル シュケル、ズヴォニミル ボバン、ロベルト プロシネチキなどの映像やインタビューを交え、民族紛争によって解体されたチームの実像に迫ったドキュメンタリーである。

「笑い」の底にある生活、「サッカー」の裏にある戦禍

ハリルホジッチの記者会見とは違って、オシムの会見は奇妙な緊張感に覆われている。シニカルな表現をして記者の頭の中を刺激してくる。当時の記憶をたどって、印象に残るオシムの会見を書き起こそう。

私は、2007年3月24日に日産スタジアムで行われた、日本代表対ペルー代表を観戦した。そして試合後、オシムの記者会見に出席した。会見場に姿を現したオシムに、司会者が「試合の総括」を求めた。オシムは、「記者ではなく司会者が最初に質問をするようになったのですね」と話す。会見場は、一瞬にして沈黙し、どんよりとした空気が漂う。これは、オシム流のジョークなのだろうが、彼が表情一つ変えずに話すものだから、ジョークには全く聞こえない。オシムは、会見中、記者の質問に答える際、何度か笑いを誘おうとして言葉を選び話していた。けれども、ほとんど「笑い」にならなかった。

ジョークを笑えない日本の記者

「笑い」に関して、哲学者アンリ=ルイ ベルクソンは、「人は共感して笑うのではなく、対象を客観的に見て笑う」と説明する。オシムの発言には、ベルクソンの言う対象を客観的に見た「笑い」が含まれている。会見で、オシムとある記者で、こんなやり取りがあった。記者が「気負いが見えたという選手に、試合前そのことを注意したのか」と質問した。オシムは「試合前に何か一言二言伝えたら、選手は変わるというのだろうか」と返す。もし日本人の監督だったならば、同じ質問にどうやって返答するのか。例えば「海外組は経験豊富だから自分でコントロールするだろうと信じていた」と言うのだろうか。

(残り 1406文字/全文: 2539文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック