大久保嘉人に見る、ベテランの味わい方(J論)

川本梅花 フットボールタクティクス

チェルシーを描かない監督の“戦術”【フットボールシネマの逆襲】映画:「フットボール・ファクトリー」

【フットボールシネマの逆襲】映画『フットボール・ファクトリー』


映画のプロット

主人公トミーは、プレミアシップのチェルシーFCへの偏愛を持つフーリガンの1人。ドラッグ、酒、SEX、暴力を生きる力にして毎日を過ごす。ライバルチームのフーリガンとの抗争が激化していく中、やがて彼の生き方に変化が訪れる。この映画は、フーリガンの実態とともに、イギリスの闇の世界を映し出す、衝撃のバイオレンス作品である。

チェルシーを描かない監督の“戦術”

映画「フットボール・ファクトリー」に登場する主人公トミーは、イングランドのクラブチーム、チェルシーのサポーターを名乗るフーリガンである。彼が熱を入れるチェルシーは、1905年に設立された伝統あるクラブだ。

近年になってジョゼ モウリーニョが監督に就任し、しっかり守ってからカウンターを仕掛けるというオーソドックスな戦術で、常勝クラブの仲間入りをした。選手に目をやれば、MFフランク ランパードがサイドチェンジの際に見せる美しいロングパスや、DFジョン テリーがハイボールで相手と競り合う時の力強さには、モウリーニョの固い戦術を凌駕(りょうが)する、個人の独創的なプレーがうかがえた。

さらに、イタリア代表監督を務めたアントニオ コンテがチェルシーの監督になると、イタリアでも用いていた3バックを採用して、2016-17シーズンのリーグ優勝をもたらす。エデン アザールの再生など既存の選手の掘り起こしをして、チーム力を向上させたが、イギリスの報道による「うわさ」では、来季UEFAチャンピオンズリーグ出場権を逃したことで、今季限りで退任するのではと話題になっている。

しかしこの映画には、そういった戦術的な話題とか、サッカー選手の華麗なプレーとか、スタジアムでの試合風景は、全く映し出されない。これは監督ニック ラブの見事な“戦術”と言える。つまりサッカーのプレーを映し出さないことで、フーリガンが、どうしてこの世に存在するのかを問い掛け、理屈なしに描き切っているのである。

(残り 1613文字/全文: 2455文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック