【サッカー人気3位】Jを震撼させた等々力の“リニアモーター…

川本梅花 フットボールタクティクス

ルーマニアの地で日本代表を目指した男【言葉のパス】川本梅花アーカイブ #瀬戸貴幸 明日の扉を開くために今日を生きる

【言葉のパス】第8回:瀬戸貴幸、明日の扉を開くために今日を生きる

瀬戸貴幸が日本に帰ってくる。彼はルーマニアでプレーしていたが、移籍先をヴァンフォーレ甲府に決めたというニュース記事を見た。

ルーマニアにいた瀬戸を取材したのは2011年のことだった。あれから約7年が経とうとしている。あの頃の彼は、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)に出場することを目指し、それを足がかりに日本代表のユニホームを着ることを夢見ていた。その後、所属クラブがCLに出場して得点を奪うなどの活躍を見せる。日本代表入りの夢は実現していないが、32歳の瀬戸は、欧州の中でプレーする日本人選手として、大きな存在感を示してきた。

そんな彼のプレーを、Jリーグで目撃できるかもしれない。以下に掲載するノンフィクションを読んでいただければ、瀬戸というサッカー選手がどんな人間なのか、うかがい知れると思う。

喧嘩から生まれた親近感

2007年の6月、瀬戸貴幸は、トライアウトを受けるためにルーマニアに渡る。クラブは、3部リーグのCSM・FCプロイェシュティだった。トライアウトに合格した彼は、開幕戦でいきなりスタメン起用されてチームが1-0で勝つ。チームを勝利に導いたのは、彼のリーグ戦初得点である。しかし、続く2試合目以降から数試合はコンディション調整に失敗して得点から遠ざかっていた。

そうした中、チームの生え抜きで32歳のベテラン選手・ロミッカが、試合後にロッカールームで着替えをする瀬戸に、わざと聞こえるように嫌みを言い出した。

「前半は、あいつがいたからチームがうまく行かなかったんだよ」

瀬戸は「彼が僕のことを言ってるんだな」とすぐに気付く。しかし、あえて聞こえないそぶりをした。それでも瀬戸に対するロミッカの非難はやまなかった。「全く、日本人なんか入れるからだよ。あいつを早くスタメンから外せよ」。ロミッカは誰に言うわけではなく、1人でがなり立てた。

(残り 7235文字/全文: 8041文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック