【サッカー人気4位】J2第1節大宮アルディージャ戦「夢の続…

川本梅花 フットボールタクティクス

【蔵出し取材メモ】#ブラウブリッツ秋田 へ期限付き移籍 #外山凌「試合に出ることで課題が浮き彫りになる」【#水戸ホーリーホック のハッピーソング】J3第22節 #SC相模原 戦後のコメントより

スタジアムに取材で訪れた記者は試合終了後、監督や選手たちから話を聞くことになる。その内容は主に、先ほどまで行われた試合に関する説明や分析、感想、あるいは次の試合に向けた意気込みとなる。こうしたコメントの多くは、いわゆる“賞味期限”が短い。タグマ!の分析によれば、試合終了から48時間が目安となるようだ。

しかし「川本梅花フットボールタクティクス」では試合後に十分な時間が取れず、コメントを公開できないまま、48時間を経過することがしばしばある。旬を逃したコメントを掲載することに抵抗があるため、何らかのタイミングで紹介できるように準備をするのだが、多くの場合は空振りとなる。

そうすると、せっかく監督や選手たちから聞いた言葉がふいとなるため、方向を展開。旬を逃したと自覚しつつも掲載することにした。ここに掲載する記事は“直近のコメント”ではないことをご承知いただきたい。

取材メモ:外山凌コメント

外山凌選手は2018年8月、水戸ホーリーホックからブラウブリッツ秋田へ、育成型期限付き移籍をした。

http://blaublitz.jp/whatsnew/53520.html

外山選手は2017シーズン、阪南大学から水戸に加入。昨季は21試合に出場して1得点を記録した。しかし今季は水戸で、J2リーグ戦6試合に途中出場するのみだった。秋田ではJ3第20節から第25節まででJ3リーグ6試合に出場(5試合で先発)2得点を記録している。

https://data.j-league.or.jp/SFIX04/?player_id=23202

2018年9月8日、J3第22節・SC相模原戦[1〇0]

https://www.jleague.jp/match/j3/2018/090810/live/

――プロになって、どんな印象を持った?

外山 プロになってから守備のことしか、やってこなかったので、プロの印象は守備のことばかりですね。

――守備から始まって攻撃を作るという意味での守備なの? それは西ヶ谷隆之監督(昨季まで水戸、今季よりSC相模原を指揮)の頃からの話?

外山 ガヤさん(西ヶ谷隆之前監督)は僕が中学の時から知っているので、そういう意味では理解してもらえたのですが、チームとして守備から入ってカウンターというやり方だったので、やっぱり攻撃的なチームかといったら、僕にはそう思えなかったです。

――水戸ホーリーホックから、8月にブラウブリッツ秋田へ育成型期限付き移籍。秋田はどんなチームなのかな?

(残り 2002文字/全文: 3041文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック