【サッカー人気2位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

川本梅花 フットボールタクティクス

サッカーから取り除かれるべき「不条理」【フレームの外の景色】第7話:『シジュポスの神話』とVAR

フットボールロングコラム【フレームの外の景色】

アジアカップで採用されるVAR

アジアサッカー連盟(AFC)は、2019年にアラブ首長国連邦(UAE)で行われるAFCアジアカップにおいて、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の採用を予定していることを発表した。

AFCのイブラヒム アル ハリファ会長は、VAR採用について次のように語っている。

「アジアのフットボールは、試合をより良いものにするため、テクノロジーを取り入れることを決めた。UAEで開催されるアジアカップの、いくつかのステージにおいてVARの導入を検討している」

AFCアジアカップは2019年1月5日から2月1日に掛けてUAEで開催される。日本代表はウズベキスタン代表、オマーン代表、トルクメニスタン代表と同組のグループFに入っている。

このコラムで筆者が述べたいことは、Jリーグにおいても早急にVARを取り入れるべきである、ということだ。

不条理を哲学に昇華させた『シジュポスの神話』

私たちが生きているこの世の中で、私たち自身、思った通りに物事が進んだことが、どれくらいあったのかを思い巡らしてみるとよい。

「ああすれば良かった」

「こっちの選択をしていれば」

「こんな風になるとは思わなかった」

私たちが過去を振り返り、いろいろと考えてみる時、どうしてもこのようなネガティブな発想をしてしまわないだろうか。

それは、なぜなのか?

答えはそんなに難しくない。

私たちが生きているこの世の中が、不条理という事柄に満ちあふれていると実感しているから、ネガティブな発想をしてしまうのである。

不条理は本来、「筋道が通らない(非論理)」や「道理に合わない(矛盾)」という意味だが、この言葉を哲学的な問いに昇華させたのは、フランスの文学者アルベール カミュの『シジュポスの神話』に由来している。

(残り 2206文字/全文: 2970文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ