サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

川本梅花 フットボールタクティクス

#栗澤僚一(#柏レイソル)「何をやっていいのか分からない、という状況にあった」【渦中の話】引退を決心するまでの1年間

インタビュー【渦中の話】栗澤僚一

柏レイソルの栗澤僚一選手が現役を引退する。12月1日、明治安田生命J1リーグ第34節・ガンバ大阪戦後に引退セレモニーが行われた。今回のインタビューは、引退セレモニー後に語ってもらったものである。

(判断基準の)物差しがなかったことが、落ちた原因でもある

――いま持っているJFA公認指導者ライセンスは?

栗澤 今年でB級が取れますね。

――もちろんこれから指導者になることは考えているんだよね?

栗澤 なりたいですね。

――まだ現役を続けられたんじゃないの?

栗澤 そうですね。いろいろ考えたんですけど。やりたい気持ちはあったんです。ただ今シーズンは特に、指導者としての自分を想定して試合を見ていたところがありました。あと1年、現役を続けてやるのか。それともこのタイミングで、指導者を目指して力を向けていくのか。そこは意外と、正直に言えば、指導者になるという思いは、ずっと考えていた部分でもあった。

まあ、こういう苦しい時になったからこそ、そういう(引退して指導者を目指すという)気持ちにさせられたというのは、あるかもしれないですね。僕は、年齢的に引退に近づいていて、次のステージにいつ行くのかというタイミングがいまだった。そういう気持ちが、いつの間にか……決心に変わっていった。

――何度も聞かれたかもしれないけど、引退することを決めたキッカケは何だったの?

栗澤 この選手たちにもっと不安なくプレーさせるには(どうすればいいのか)とか。12年半もプレーさせてもらったレイソルが、こういう(降格)状況になって、立場的に難しい部分があるんです。

――それは選手としての発言の難しさという意味なの。

栗澤 選手のままだと、こうやった方がいいとか、立場上、選手に言える限界があります。僕も選手であるという限界です。選手じゃなかったら違うことも言えたんじゃないのか、とか。そう思った瞬間に、すぐに(環境や状態を)変えたいのが自分なので。

――「こういう状況になって」と言ったのは、降格した理由としてチームのバランスに問題があったということ?

栗澤 選手は「何をやっていいのか分からない」という状況にありました。それは今季初めの頃からあったことです。「これも正解」「あれも正解」「そこは失敗したから次はちゃんとやろうよ」だと、何をやったら正解なのか、何をしたいからそういうプレーをやっているのかが、曖昧になって迷いが生まれる。その(判断基準の)物差しがなかったことが、落ちた原因でもあると思います。

(残り 2447文字/全文: 3489文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題