【サッカーパック人気4位】 「ゴールシーンはすごく集中していた。リオでフットバレーをやっている時の…

川本梅花 フットボールタクティクス

#宮本拓弥(#水戸ホーリーホック)「僕は僕自身を諦めません」【渦中の話】彼は何から「打破」しようとしたのか

インタビュー【渦中の話】宮本拓弥

水戸ホーリーホックの背番号15、宮本拓弥選手に話を聞いた。宮本選手は、柏レイソルU-12→柏レイソルU-15→ウイングスS.S.習志野→流通経済大柏高校→早稲田大学というキャリアから、プロになった選手だ。そんな彼が今季、悩みに悩んでいた。2018年、宮本選手のサッカーに関する目標は「打破」だった。彼は何に対して「打破」しようとしたのか。その答えが、ここにはある。ぜひ彼の言葉に耳を傾けてほしい。

――今季は24試合に出場して1得点。難しい1年だったし、厳しい1年だったね。

宮本 はい、そうですね。FWだったのですが、ポジションを変えてセンターバック(CB)になりましたからね。

――ポジションの変更に関して、監督の意見はどうだったの?

宮本 僕から「やらせてほしい」と監督に言いました。監督もCBができることは知っていて、ただ僕から言わなければ、ずっとFWだったと思います。CBでやりたいという僕の意思を、監督も理解してくれました。寛容に対応してもらって、挑戦している感じですね。

――西村強化部長は宮本くんの意思に対して何か言った?

宮本 理解してくれました。去年もそうなんですが、ケガ人が出てCBのメンバーが足りない時に、練習でCBをやっていたので。

(残り 1314文字/全文: 1850文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック