【サッカーパック人気4位】 パク・イルギュ、早ければ来週にも復帰か。「あとは監督が決めること。チー…

川本梅花 フットボールタクティクス

#プラティニ の言葉から始まった旅【おいしい活字】『サッカーの敵』(サイモン クーパー著/白水社)

この記事の目次

本書のストーリー

はじめに

プラティニの言葉から始まった旅

プロテスタントの「行動的禁欲」の意味

読者よりも先に、出口から抜け出していったクーパー

本書のストーリー

サッカージャーナリストのサイモン クーパーは、東欧・欧州・アフリカ・南米・北米など9カ月にわたり22カ国を旅して、サッカーとそれに関わる人々を徹底的に取材した。彼がそこで見たものは、試合を操作する大統領やクラブを食い物にするマフィア、カソリックとプロテスタントの宗教対立、内戦中に行われた敵同士の戦いだった。この本はサッカーのアンダーワールドを暴く、驚愕のノンフィクション作品と言われている。

はじめに

「新たな道を通って存在から脱出しなければならない」(『逃走論』)と述べたのは、哲学者エマニュエル レヴィナスである。哲学者の言葉は難しい。なぜ、こんなにも難解なのか。それは、人がこれ以上は考えられないと思われる限界を超えようとして、肉体も精神もとことんまで追いつめて考えて、そこから得たものを言葉にするからだ。倫理学と存在論という学問の中で、「他者」という哲学的なテーマを突き詰めて思索し続けたレヴィナス(1906-1995)は、現代思想の中でも難解さにおいて右に出る者はいない。

(残り 2311文字/全文: 2840文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック