【サッカー人気3位】「山口遼氏がスカウティングアドバイザー…

川本梅花 フットボールタクティクス

【インタビュー】流浪の戦術家 #ネルシーニョ のリアリズム【会員限定】川本梅花アーカイブ #柏レイソル 新監督の4つの顔

2019シーズンを明治安田生命J2リーグで戦う柏レイソルは、再びネルシーニョを監督として招いた。クラブを通しての新監督のコメントは次のようなものだった。

「レイソルに戻ることができるということに深く感謝をしています。我々の目標は、レイソルを再びJ1に戻すことです。そのためにはファン・サポーターの皆さんのサポートが必要です。みんなで戦いましょう」

実は「レイソルを再びJ1に戻すこと」というセリフ、以前にもネルシーニョから聞いたことがある。それは2010年のことだった。J2で戦うことになった柏の指揮官に話を聞きたくて、日立台のクラブハウスを訪ねたのである。あれから10年近くが経とうとしている。もはやネルシーニョがどのような監督だったのか、どのようなパーソナリティーを持った人物だったのかを、知らない人がいるだろう。そこで、今回、当時インタビューした記事を公開することした。

また、理解しやすいように書き直した箇所がある。

この記事の目次は以下の通り。

流浪の戦術家ネルシーニョのリアリズム
【渦中の話】川本梅花アーカイブ 柏レイソル新監督の4つの顔

ネルシーニョには、4つの顔がある

流浪の戦術家、ネルシーニョのブラジルでの評価

ネルシーニョが最初にフランサに話したこと

流浪の戦術家、ネルシーニョのブラジルでの評価

戦術家は常に弁術論者の顔を持つ

ネルシーニョには、4つの顔がある

1つは、厳しい要求を選手に強いる顔である。

試合が行われた翌日の練習は、通常、ゲームに出場した選手たちならば、試合でのハードワークによる身体を休めるために、ストレッチやランニングなど比較的軽めの練習で次の試合に備える。しかし、試合に快勝した翌日、日立台での柏レイソルの練習は、前日にリーグ戦が行われたことが嘘のように、ハーフコートを使ったミニゲームがレギュラー組とサブ組によってなされていた。

2つ目は、サポーターに対する顔。

その日の練習が終わってクラブハウスに引き揚げようとした時、1人の女性サポーターが「監督、昨日はありがとうございました」と試合での勝利に感謝してサインを求めた。彼は、柏レイソルにはサポーターの支えが必要だ、と言わんばかりに快く笑顔でサインに応じる。

3つ目は、自分を柏に呼んだ人物が誰で、今後柏における自分のキャリア継続に重要な人物は誰かということをはっきり認識しているという顔である。

サポーターにサインをしていた時、GMと強化本部編成部部長が彼の近くを通り過ぎようとすると、サインをする手を止めて、2人の上司に深々とお辞儀をする。

そして4つ目は、マスメディアに対しての顔である。

流浪の戦術家、ネルシーニョのブラジルでの評価

ネルシーニョは、34歳の時に監督業に就く。指導者としてのキャリアのスタートは1985年、サンベントという小クラブからである。彼が監督としてブラジルで広く知られるようになったのは、同じく小クラブであるノーボリゾンチーノでの功績が大きい。1990年のサンパウロ州選手権を破竹の快進撃で勝ち進み、クラブを決勝戦まで導いた。決勝では元ブラジル代表監督のルシェンブルゴが指揮するブラガンチーノと対戦し、敗れたものの、準優勝という輝かしい結果を出したからである。

彼は、監督生活25年間で30クラブを渡り歩いてきた。その中には名門コリンチャンスやスポルチ・レシフェなどが含まれ、大小さまざまなクラブでの監督経験を持っている。彼の経歴で1つ特徴的なのは、監督として3年以上同じクラブに在籍したことがなく、それでいて常に監督としてのオファーをもらい続けていることだ。それは、〈雇われたチームで最善を尽くして結果を出し、次の種を蒔いておくこと〉という彼の監督としての生き方そのものを象徴している事柄である。

早速、ネルシーニョにオファーが絶えなかった理由を聞いてみた。

(残り 4214文字/全文: 5795文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ