【サッカー人気2位】【山雅探報】元川悦子と激論。柴田新監督…

川本梅花 フットボールタクティクス

開幕戦の勝利のポイント【#水戸ホーリーホック のハッピーソング】J2第1節・ #ファジアーノ岡山 戦レビュー

開幕戦の勝利のポイント【水戸ホーリーホックのハッピーソング】J2第1節・ファジアーノ岡山戦レビュー

2019明治安田生命J2リーグ第1節
ファジアーノ岡山 0〇1 水戸ホーリーホック
http://www.mito-hollyhock.net/games/12744/

2月24日の日曜日、2019明治安田生命J2リーグ第1節、水戸ホーリーホック対ファジアーノ岡山が行われました。僕はDAZN(ダゾーン)での観戦になりました。試合は周知のように、1-0で水戸が勝ちました。貴重な勝利というか、次に繋(つな)がる勝利と言えばいいのか。試合後の会見で長谷部茂利監督は「次に繋げやすい、今日の勝利でした」と語りましたが、「継続する点」と「改善する点」がはっきりと分かる試合でした。

ともかく、1-0で逃げ切ったことは大きなことです。ツイッターでもつぶやきましたが、なかなか1-0でゲームを終えるのは難しいんですよね。「事故」という言い方をするのですが、セットプレーでクリアしたボールがたまたま味方に当たり、相手の目の前に落ちてきてシュートを決められる、とかですね。そうした「事故」による失点で同点にされた、あるいは逆転にされた場面を見てきたため、1-0でフェードアウトした試合を見ると、何か感じるものがあります。

https://twitter.com/kawamoto_baika/status/1099746045012062208

さて試合ですが、前半は岡山にボールを持たれました。しかし後半になって、岡山はうまくボールを持てなくなります。岡山は「ボールを持たされている」感覚を持っていたことでしょう。それは、なぜか?この試合のポイントはそこにあります。

(残り 1469文字/全文: 2187文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック