【サッカー人気4位】【ユースうぉっち】[ふぉとギャラリー]…

川本梅花 フットボールタクティクス

#黒川淳史 の頭脳的なプレー戦術が勝利を呼び込む【会員限定】J2第2節 #水戸ホーリーホック 3〇0 #栃木SC #mitohollyhock

【水戸ホーリーホックのハッピーソング】黒川淳史の頭脳的なプレー戦術が勝利を呼び込む

2019明治安田生命J2リーグ第2節
水戸ホーリーホック 3〇0 栃木SC
http://www.mito-hollyhock.net/games/12745/

3月3日の日曜日、明治安田生命J2リーグ第2節・栃木SC戦が行われた。開幕戦、水戸ホーリーホックはファジアーノ岡山戦に1-0で勝利を収めている。一方の栃木は、ツエーゲン金沢とスコアレスドローだった。

新監督の田坂和昭が指揮を執る栃木。そのフォーメーションは「3-4-2-1」(3バック)だった。一方、ホームの水戸は、いつもの4バック「4-4-2」で臨む。両チームのフォーメーションを組み合わせた図は以下の通り。

黒川淳史の頭脳的なプレー戦術が勝利を呼び込む

この試合の主導権を握るキッカケを作ったのは、黒川淳史のプレーだった。それは、黒川が試合中に「こうすればいい」と思い立って決断したプレーにある。そのことは、栃木の田坂監督の頭を悩ませる種にもなった。

田坂監督のハーフタイムコメントは以下である。

「サイドの攻撃に気を付けること」

試合後の監督会見で、筆者は田坂監督にこのような質問を投げかけた。

「ハーフタイムのコメントに『サイドの攻撃に気を付けること』とありますが、具体的にどちらのサイドを指しているのか教えてください」

田坂監督は、以下のように答えた。

(残り 1902文字/全文: 2493文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック