【サッカー人気3位】Jを震撼させた等々力の“リニアモーター…

川本梅花 フットボールタクティクス

ベテラン選手が引退を決意する瞬間「体はすでに42.195キロ走りきっていた」【会員限定】#河端和哉 #ラインメール青森

【言葉のパス】第9回:河端和哉(ラインメール青森FC)「体はすでに42.195キロ走りきっていた」

2017シーズン限りで現役を引退したラインメール青森FCのDF河端和哉。1981年10月22日生まれ、北海道苫小牧市出身の河端は青森山田高校、札幌大学を経て、2004年にコンサドーレ札幌(現北海道コンサドーレ札幌)へ加入する。ロアッソ熊本、ギラヴァンツ北九州、V・ファーレン長崎、FC琉球(期限付き移籍)でプレーした後、2015年、当時東北社会人リーグ1部だったラインメール青森に加入し、JFL昇格に貢献する。

本文目次

悔やまれる、自分の“気の利かなさ”

Honda FCに勝てない理由

体はすでに42.195キロ走りきっていた

河端 和哉 選手 現役引退のお知らせ|ラインメール青森FC 公式サイト

【無料公開】河端和哉が札幌大学サッカー部監督に就任【孤独の曉と無花果の蕾】河端 和哉の新たな挑戦

悔やまれる、自分の“気の利かなさ”

病院のベッドであおむけになって天井をぼんやり眺めていた。

「そろそろ潮時かな」

彼は自分自身に問いかけた。

ラインメール青森FCのDF河端和哉は、試合中に顔を殴打して数日入院することになった。静かに治療する時間を持てたことで、自分のサッカー人生を振り返る。

「もともと『いつ辞めてもいい』と思って、ここまでやってきました。トライアウトも3回受けています。俺は、来年の契約が約束された環境でプレーするような選手じゃない。だから常に危機感と隣り合わせでした。ふと、よぎってしまったのです。やっている意味があるのかなと。『俺、引退しようかな』じゃなくてね。ここに俺がいる意味があるのかなと思ってしまった」

私は河端の気迫溢(あふ)れるスタイルに魅了された1人だ。青森県出身の私は、帰省した時に、河端とチームメイトの奥山泰裕と3人で食事に行くことにしていた。私たちが行くのはいつも、青森駅の目の前にある寿司屋である。そこは小さな店で、6人が着けるカウンターと4人で座ればいっぱいになる座敷があった。私たちは、畳が敷かれた座敷を利用した。ある時に私は、河端の一言に、自分の気の利かなさを悔いたことがある。

河端は私に向かって「すいません、足を伸ばしていいですか?」と聞いてきた。「もちろん、伸ばしな」と私が答えると「膝が痛くて正座ができないんです」と話す。そう言えば、試合の前に痛み止めを打ってピッチに立っているのを知らされたことを思い出した。「つらいのにすまなかったな」という言葉と同時に「いつまで痛みをこらえて続けられるのか」という考えが頭に浮かんだ。

食事を終えて店を出た私は、彼らが車を停めている駐車場に向かう。

「じゃあ今日はホテルに泊まるから」

そう言って彼ら2人と別れる。

少し歩いてから後ろを振り返って河端の背中を見る。

もしかして「引退を決めたのか?」と直感的に思った。

シーズンが終わってから電話で本人から引退の知らせを聞く。

「もしかして、あの食事の席で、もう引退を決めていたの?」

私が問うと「話そうかと思ったんですが、オク(奥山)も一緒だったので、さすがに言えませんでした」と打ち明けられる。

サッカー選手にとって引退は必ずやってくる道だ。誰もが引退という道を通らなければならない。まだ動ける状態で身を引くのか。それとも体がボロボロになるまで粘って身を削るのか。それは、その選手の生き方に直結してくる問題だ。

「僕の中で『動けるうちに辞めたい』というエゴみたいなものがありました。それは、いままで辞めた選手を見てきて、俺も動けるうちに辞めたいという考えがあったからです。選手でいることに、こだわっているわけでもない。サッカーが好きで、全力でやってきた。体が動けるのにもったいないとは思わない。もし俺が30歳だったら、その考えがあったかもしれない。36歳になった俺は、サッカーをどうしてやるかというモチベーションの持ち方が変わってきたのです。以前なら、もっと上のチームでやりたい、J1でやりたい、日の丸を背負ってプレーしたいという気持ちがあったのですが、下のリーグでプレーするようになって、年を重ねるに連れて、いろいろと要求されることが出てくるじゃないですか。その中でモチベーションを保つ大切なものが、自分ではなく、目的のために自分は何ができるのかに変わってきたのです」

気持ちの変化は、突然にやってくるものだ。ただし、どうして気持ちが変わったのかの理由をあれこれ考えても、本当の答えには導かれない。なぜならば答えを知るのは、引退して現役時代との距離感を持てなければ、自分自身を俯瞰できないからだ。

「どうして気持ちの変化が起きたのか。それは自分では分からなかったのです。サッカーに向き合っていることは、若い時から変わらない。ただ目的の持ち方や自分の価値観が年を取るに連れて変わってきたかもしれません。俺の経歴から見れば、いろんな選手やチームと関わってきました。その中で、自分の立場も変わります。現役を続けていく中で『モチベーションに逃げていった』と言ったらそれまでですが、そうなのかもしれないですね」

(残り 1984文字/全文: 4082文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック