J2昇格&残留争いはどうなる?LIVE(J論)

川本梅花 フットボールタクティクス

【試合分析】注目ルーキー #村田航一 Jリーグ初得点の瞬間を詳細分析【無料記事】J2第5節 #大宮アルディージャ 1△1 #水戸ホーリーホック #mitohollyhock #ardija

茂木駿佑と村田航一、大宮の「完全ゾーン」を破る

本文目次
前半、大宮が3バックの利点を生かす
なぜ村田航一はJリーグ初得点を決められたのか

2019明治安田生命J2リーグ第5節
水戸ホーリーホック 1△1 大宮アルディージャ
http://www.mito-hollyhock.net/games/13108/

3月23日の土曜日、明治安田生命J2リーグ第5節、大宮アルディージャ対水戸ホーリーホック戦が行われた。

ホームの大宮は今季より、高木琢也を新監督に迎えている。大宮のフォーメーションは「3-4-2-1」の3バック。一方の水戸は「4-4-2」の基本はフラット型で臨む。両チームのシステムを組み合わせた図は、以下の通りとなる。

前半、大宮が3バックの利点を生かす

大宮の3バックの利点は、ウイングバック(WB)が水戸のサイドバック(SB)の上がりを阻止できる点にある。ただし敵陣内深くに進入する必要がある。例えば大宮が右サイドから攻撃を試みる場合、WBの奥井諒とシャドーのポジションにいる茨田陽生、そしてセンターハーフ(CH)の大山啓輔や石川俊輝が連係し、水戸の左サイドを押し込まなければならない。

前半、主導権を握ったのは大宮だった。押し込まれた水戸は、サイドハーフ(SH)の木村祐志がディフェンスラインに吸い込まれ、5バックになって抗戦した。大宮にはチャンスが何度かあった。もしクロスの精度がもう少し高かったならば、大宮は前半に得点できていたはずだ。

逆襲したい水戸。左サイドを例にすれば、志知孝明が奥井を追い越すようなプレーが必要だ。そのためには、相手にプレッシャーを掛けなければならない。さもなければ、大宮は前を向いてボールを持ててしまう。水戸はボールを奪うためにも、プレッシャーを掛け続けることが重要となる。そしてボールを奪ったら、最短でゴール前にボールを運ぶことを目指す。もしこの時、志知が高い位置を取っていれば、奥井は志知に付いていくため、形勢は逆転。後半になって水戸が攻勢に転じられた理由は「裏を取られるかもしれない」という恐れを払拭した積極性にあった。

なぜ村田航一はJリーグ初得点を決められたのか

水戸は47分、直接FKを獲得する。セットプレーの守り方は、以下の3パターンに分類されるが、大宮はFKとCKの際に「完全ゾーン」で守っていた。

(1)完全ゾーン
(2)マンツーマン
(3)ゾーンミックス

(1)完全ゾーンにおいて守備側選手は、あらかじめ決められた配置にポジションを取る。攻撃側選手に対してではなく、ボールに基準を置く守り方だ。攻撃側選手をマークするのではなく、ボールの軌道に対応して、自分のゾーンに入ってきたボールをクリアすることが、守備側選手に課せられた仕事になる。

完全ゾーンのメリットは、全て危険なスペースをバランスよくカバーできることにある。一方デメリットとしては、次の2点が挙げられる。1つ目は、攻撃側が特定の場所に人数を掛けた場合、数的優位を作られてしまうこと。2つ目は、ハイボールの競り合いが不利になること。守備側選手は静止した状態からジャンプしなければならないが、攻撃側選手は助走をつけてジャンプできるため、フィジカルコンタクトで優位に立つ。

(2)マンツーマンは、ゴール前にいる攻撃側選手全員に対し、守備側選手がマークに付く方法だ。この場合、攻撃側選手と、マークに付く守備側選手の能力差がメリットにもなるし、デメリットにもなる。昨年12月にマンチェスター・ユナイテッドを退任したジョゼ モウリーニョ監督が好んだ方法だが、彼はその理由を「責任の所在がはっきりするから」と説明していた。

(3)ゾーンミックスは(1)完全ゾーンと(2)マンマークの併用である。危険なスペースをゾーンでカバーしつつ、強力な攻撃側選手2、3人にマンマークを付けることで、(1)と(2)のデメリットを緩和できることがメリットとなっている。

47分、水戸の直接FK。選手たちは、以下のような並びになっていた。

水戸MF茂木駿佑から蹴られたボールは、大宮DF河本裕之の頭上を越えていく。水戸FW村田航一は、大宮DF畑尾大翔を左手でブロックしながら、河本が触れられなかったボールの着地点に入り込む。そして後ろからプレッシャーを掛ける畑尾に体を預けながら、ヘディングシュート。ルーキー・村田のJリーグ初得点が生まれた瞬間だった。

このシーンのポイント

茂木駿佑により、精度の高いプレースキックが蹴られた。

村田航一がフィジカルを生かし、完全ゾーンの弱点を突いた。

茂木の精度が高いキックと、村田のフィジカルを生かしたヘディング。この2点により、大宮の「完全ゾーン」は破られたのだ。

#川本梅花

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ