監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

川本梅花 フットボールタクティクス

#秋吉泰佑(@aki418challenge)「自分の使命は監督の“イズム”を伝えることだった」【会員限定】#ヴァンラーレ八戸(@vanraure)

【渦中の話】秋吉泰佑「自分の使命は監督の“イズム”を伝えることだった」

明治安田生命J3リーグは、2019シーズンよりヴァンラーレ八戸が加わり、18チームで争われる。昨季JFL(日本フットボールリーグ)を戦った八戸は、16勝8分け6敗で年間通算順位3位。同4位以内となることが、J3昇格の条件だった。

八戸のJ3昇格に貢献した1人が、MF秋吉泰佑だ。秋吉は熊本県出身、1989年4月18日生まれの29歳。ルーテル学院高校を卒業後、アルビレックス新潟シンガポールでキャリアをスタート。アームド・フォーシズ(シンガポール)、PFCスラヴィア・ソフィア(ブルガリア)、NKズビエズダ・グラダチャ(ボスニア)、SKシュトゥルム・グラーツ(オーストリア)と海外クラブを渡り歩き、2015年にヴァンフォーレ甲府に加入。2016シーズン、期限付き移籍先のファジアーノ岡山でJリーグデビューを果たす。

2017シーズンにJFLのラインメール青森FCへ加入。翌シーズン、監督の葛野昌宏らとともに、同県のライバル・八戸へ移籍する。今回掲載する記事は、秋吉泰佑に2018シーズンを振り返ってもらった話の前編となる。

(残り 2477文字/全文: 2970文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック