【サッカーパック人気2位】 あらためて考える「ブルーノ・メンデス」チャント事件 若者を萎縮させるゴ…

川本梅花 フットボールタクティクス

#望月達也 監督「#萬代宏樹 #菊岡拓朗 #野田紘史 らの加入はキーポイントの1つ」【会員限定】JFL第3節 #流経大ドラゴンズ龍ケ崎 1〇2 #ラインメール青森(@reinmeer_aomori)

【渦中の話】望月達也監督(ラインメール青森)「自分たちの理想形はずっと先にある」

第21回日本フットボールリーグ第3節
ラインメール青森 2〇1 流経大ドラゴンズ龍ケ崎
https://reinmeer-aomori.jp/game/20190331/

――今日の試合の手応えとしては、どうでしたか?

望月達也監督(以下、望月) 良いか悪いかと言えば、ダメですね。

――攻撃の手順として、ショートカウンターという選択はあったのですか?

望月 手順というか、サッカーに手順はないんで。

――言い方を変えます。目的としてショートカウンターはあったんですか?

望月 セオリーとしてはあります。前でボールを奪えてしまえば、それでOKじゃないですか。基本的に、前にプレッシャーを掛けて奪ってしまえば、そこでスポーンと行ける。後半は、そういう場面が何度かありましたけど、去年よりはその部分ではうまく引っかかっているのかと思います。あとは、それを仕留めないといけない、という課題は残りますが。

――1点目は、菊岡(拓朗)からのパスが太田(徹郎)に渡って萬代(宏樹)がゴール。2点目は水野(隼人)からのパスを萬代がゴール。両方ともショートカウンターからの得点でした。でも試合を見ていたら、狙いはそうではないのかと思いました。ボールを持って相手陣内に押し込むやり方をしたいのかと見えたのですが。

(残り 2559文字/全文: 3166文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック