【サッカー人気4位】【松本山雅】[元悦対談]新監督・名波浩…

川本梅花 フットボールタクティクス

#林陵平 はいかにして抑えられたのか?【会員限定】J2第7節 #東京ヴェルディ 0△0 #水戸ホーリーホック #mitohollyhock #verdy

【警告の代弁】水戸守備陣は、好調の林陵平をどのように抑えたか?

本文目次
水戸守備陣に課せられた3つのタスク
5メートルの縦の距離間を保った組織的ブロック

2019明治安田生命J2リーグ第7節
東京ヴェルディ 0△0 水戸ホーリーホック
http://www.mito-hollyhock.net/games/13268/

4月3日の水曜日、明治安田生命J2リーグ第7節、東京ヴェルディ対水戸ホーリーホック戦が行われた。

ホームの東京Vは、今季からギャリー ジョン ホワイト監督が新たに指揮を執る。水戸は、就任2年目の長谷部茂利が監督を務める。東京Vのフォーメーションは「4-4-2」でFWが縦並びになって攻撃し、守備の際は横並びになる。一方の水戸も「4-4-2」の中盤はボックス型を採用する。FWの黒川淳史は攻撃時に自由にポジションを取る。守備時のFWは横並びでプレスを掛ける。両チームのシステムを組み合わせた図は、以下の通りとなる。

水戸守備陣に課せられた3つのタスク

水戸にとって試合の課題は、東京ヴェルディFW林陵平を「いかに抑えるか」だ。今季の林はJ2第6節終了時点で4得点と、好調をキープしている。東京Vの得点源・林をいかに抑えるか。これが試合のポイントになる。林を抑えるため、水戸の守備陣に課せられたタスクは、以下の3点だ。

(残り 979文字/全文: 1537文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ