【サッカー人気3位】【松本山雅】[元悦対談]新監督・名波浩…

川本梅花 フットボールタクティクス

どうすれば後半アディショナルの失点を防げたのか?【会員限定】J2第8節 #水戸ホーリーホック 1△1 #徳島ヴォルティス #mitohollyhock #vortis

【警告の代弁】後半アディショナルタイム、なぜ水戸ホーリーホックは失点を喫したのか?

本文目次
後半アディショナルタイムの被弾。それまでに起きた6つの事象
6つの事象を検証。浮かび上がる最大の原因は?
課題克服に必要なことは?

2019明治安田生命J2リーグ第8節
水戸ホーリーホック 1△1 徳島ヴォルティス
http://www.mito-hollyhock.net/games/13327/

4月7日の日曜日、明治安田生命J2リーグ第8節、水戸ホーリーホック対徳島ヴォルティス戦が行われた。

ホームの水戸は、就任2年目の長谷部茂利監督が指揮を執る。一方の徳島は、今季で3シーズン目を迎えるリカルド ロドリゲス スアレス監督を務める。水戸のフォーメーションは「4-4-2」でFWが縦並びになって攻撃し、守備の際は横並びになる。一方の徳島も「4-4-2」の中盤はボックス型を採用する。両チームが同じシステムで戦う。システムを組み合わせた図は、以下の通りとなる。

後半アディショナルタイムの被弾。それまでに起きた6つの事象

後半アディショナルタイム4分間に起こった同点劇。その直前までのプロットを記そう。

ロドリゲス監督は0-1で迎えた90分、左サイドバック(SB)の内田裕斗を下げ、MF藤原志龍をピッチに投入。徳島はペナルティエリアに3人の攻撃的な選手をそろえる。

3トップにするための交代を見ていた長谷部監督は90+1分、MF茂木駿佑を下げてDFンドカ ボニフェイス(ボニー)を投入。ボニーを細川淳矢の左横にポジショニングさせ、はっきりと5バックを敷くように指示する。90+2分を過ぎて、ロドリゲス監督はDFヨルディ バイスにペナルティエリアへ入ってパワープレーに参加するように指令する。徳島の4人の攻撃者に対して水戸は5人の守備者で防御しようとする。そして同点劇が生まれた。

90+4分、右SB藤田征也からクロスが上げられる。ペナルティエリア左に位置していたバイスが、ゴールエリア中央に落ちてくるボールに右足をかぶせてゴールネットへ叩き込む。水戸は、この同点弾を食い止められたのか。それを解明する。

失点を招くまでに起きた事象を挙げる。

(1)4バックで守っていたところを5バックに変えた。

(2)徳島が3トップから4トップにした後、ボールアウトオブプレーにできなかった。

(3)ヨルディ バイスがペナルティエリアに入ってきた時、マークの確認が間に合わなかった。

(4)選手全員が下がって守備をした結果、バイタルエリア中央の徳島MF岩尾憲が、水戸のクリアボールを前向きで収める。そして右サイドの藤田征也へボールを供給する。

(5)左SB志知孝明の藤田に対する寄せが甘く、クロスを上げられる。

(6)右SB岸田翔平がバイスのマークから外れてしまった。

6つの事象を検証。浮かび上がる最大の原因は?

(1)から検証しよう。

J2第8節まで1-0で勝利を収めた試合は3つ。そのいずれもDFを投入して5バックにはしていない。J2第6節・鹿児島ユナイテッドFC戦のように「4-1-4-1」でゲームをフィニッシュした例もある。つまり中盤のポジションを変えても、ディフェンスラインは基本的に4人でゲームを締めくくっている。ではなぜ徳島戦は、5バックでゲームを締めようとしたのか。それは守備のオプションを増やそうと、長谷部監督が考えたからだろう。

(残り 1492文字/全文: 2926文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ