サッカーパック『今週の宇都宮徹壱おすすめ3本』

川本梅花 フットボールタクティクス

セオリー通りの壁を破った #志知孝明 のFKと #清水慎太郎 のアシスト【会員限定】J2第9節 #ヴァンフォーレ甲府 1〇2 #水戸ホーリーホック #mitohollyhock #vfk

【警告の代弁】志知孝明、準備されていたセオリーの壁を破る直接FK

本文目次
練習通りだった志知孝明と清水慎太郎のプレー
甲府が採用したセオリー通りの壁づくり
セオリーの逆を突いた志知孝明の直接FK

2019明治安田生命J2リーグ第9節
ヴァンフォーレ甲府 1〇2 水戸ホーリーホック
http://www.mito-hollyhock.net/games/13385/

4月14日の日曜日、明治安田生命J2リーグ第9節、ヴァンフォーレ甲府対水戸ホーリーホックが山梨中銀スタジアムで行われた。ホームの甲府は、2017シーズンに大宮アルディージャを率いていた伊藤彰監督が指揮を執る。一方の水戸は、2年目を迎える長谷部茂利が監督を務める。甲府のフォーメーションは「3-4-2-1」。水戸は「4-4-2」で中盤がフラット気味に構える。両チームのシステムを組み合わせた図は、以下の通りだ。

練習通りだった志知孝明と清水慎太郎のプレー

ディフェンスラインを3枚で始めた甲府は、後半の途中から水戸と同じ「4-4-2」で向き合ってきた。最終的には、攻撃的選手を前線に4人並べて、水戸ディフェンス陣にものすごい圧力を掛けてくる。水戸が甲府の猛攻を凌ぐ中、劇的なエンディングが後半アディショナルタイムに待っていた。

得点シーンのポイント

セオリー通りだったヴァンフォーレ甲府の壁。
志知孝明のFKを助けた清水慎太郎のプレー。

90+4分、志知孝明による直接FKがゴールネットを揺らし、これが決勝点となる。志知のFKが素晴らしかったことは間違いないが、その背景には清水慎太郎による“助け”もあった。

(残り 1429文字/全文: 2148文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック