【サッカーパック人気3位】 当たって砕けた! 東京完敗の背景に「入れ替わったリスペクトの矢印」【シ…

川本梅花 フットボールタクティクス

ボールを所持させることで、相手のバランスを崩す【会員限定】J2第10節 #FC岐阜 0〇1 #水戸ホーリーホック #mitohollyhock #fcgifu

【警告の代弁】相手にボールを持たせてバランスを崩させる

本文目次
ポゼッションサッカーの目的
ボールを保持することでバランスが崩れる

2019明治安田生命J2リーグ第10節
FC岐阜 0〇1 水戸ホーリーホック
http://www.mito-hollyhock.net/games/13467/

4月21日の日曜日、明治安田生命J2リーグ第10節、FC岐阜対水戸ホーリーホックが岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われた。ホームの岐阜は、2017シーズンから指揮を執る大木武監督がベンチに座る。一方の水戸は2年目を迎え、今季ここまで無敗のチームを長谷部茂利監督が率いる。岐阜は「4-4-2」の中盤がダイヤモンド型を採用。水戸は「4-4-2」で、中盤がフラット気味に構える。両チームのシステムを組み合わせた図は、以下の通りだ。

ポゼッションサッカーの目的

両チームのシステムを組み合わせると、岐阜のアンカー・中島賢星がフリーになる。水戸にとって中島が厄介な存在になることは、試合前から予想された。そこで、2トップを組むFW清水慎太郎と黒川淳史の関係性をはっきりさせる。清水をトップに張らせ、黒川との縦関係を築く。そして黒川に中島を「見る(ケアする)」役割を与える。

しかし、ここで大きな着目点が現れる。ハーフウェーラインを中島が超えて前に進むと、黒川は「見る」役割をやめ、MFに任せる。つまり深追いはせず、岐阜の選手にボールを所持させるのだ。

(残り 1681文字/全文: 2322文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック