JリーグにやってくるFC今治に気になる存在がいる(J論)

川本梅花 フットボールタクティクス

サッカー戦術の言語化とは?【会員限定】僕はシステムをマッチアップさせて試合分析をする

僕はシステムをマッチアップさせて試合分析をする【孤独の曙と無花果の蕾】

先日、本サイトの渡辺文重編集長(@sammy_sammy)と話をして「ああ、そうなんだ」と思うことがあった。

読者の皆さんは、僕がサッカーの分析本を2冊出版していることを知っているだろうか?

その本は、現在FC今治のU-16コーチをしている林雅人氏(@masatohayashi)との共著である。林氏はオランダのフィテッセのユースでコーチ経験があり、これから紹介する本を出版した時は、日本人で最初のオランダ1級ライセンスを取得し、同時にUEFAのA級ライセンスも持っている指導者だった。彼の分析方法を前面に押し出して書籍にしたのが以下の本である。


『サッカープロフェッショナル 超観戦術』(カンゼン.2010)

この本は好評を得て第2弾が出版さることになり、それが以下の書籍である。


『サッカープロフェッショナル 超分析術』(カンゼン.2013)

あと数日で「平成」が終わる。最初の戦術本(分析本)が出されたのは、いまから10年前であり、2冊目が出版されたのが7年前である。そうした過去の実績を踏まえて渡辺編集長は、僕にこう言った。

「梅花さんが戦術本を出してること、知らない人が多いんじゃないですかね」

確かに、渡辺編集長が言う通りかもしれない。だから、僕が本サイトで戦術を通して試合分析を書いても、過去に分析本を書いたことがあるサッカーライターとは思われていなのだろう。上記の2冊の本を出す動機は、「サッカー戦術の言語化」をいかに分かりやすく読者に届けるのか、というものだった。

(残り 1505文字/全文: 2171文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック