【サッカー人気4位】横浜F・マリノスvs湘南ベルマーレ展望…

川本梅花 フットボールタクティクス

未発表コラム…バイロン モレノの真実【会員限定】レッドカード、アディショナルタイムから見える「考えの癖」

フットボールロングコラム【フレームの外の景色】バイロン モレノの真実

サッカーニュースサイトから思いも寄らない懐かしい名前が目に飛び込んできた。

この記事のタイトル【日韓W杯イタリア戦誤審疑惑のモレノ氏、判定に自信「レッドカードを見逃しただけ」】に記された「モレノ」という名前を見た時、すぐに「あのバイロン モレノ」だと気づかされた読者も多いだろう。日韓共催W杯でイタリア代表を地獄の底に突き落とした、あのバイロン モレノ主審である。モレノ氏が2019年になって、当時の判定をテレビ番組で語るという内容のようだ。

日韓共催W杯の時に、筆者は、スイスのジュネーヴ大学大学院に在籍していた。したがってW杯の試合は、ジュネーヴの間借りしていた家でTV観戦をした。試合の翌日は、駅の売店に行ってスポーツ新聞の「レキップ」を買って情報を得ていた。当時のモレノ氏の誤審に関して、フランスのテレビ局やサッカー週刊誌「フランスフットボール」なども特集を組んで、モレノ氏がどうしてあのような誤審に至ったのかを検証している。

そうした中でフランス「レキップ」紙のある記者が、モレノ氏の出身地エクアドルに出向き、直接本人にインタビューした記事が掲載された。ルポルタージュ風に彩られた記事は、物事の核心に迫る前に、霧で覆われた世界は簡単に見ることができないと言わんばかりに、答えを読者に委ねた書き方をしていた。

そこで筆者は、「レキップ」紙の記者の記事を参考にしながら、モレノ氏の疑惑の判定について検証してみようと考えた。それが、以下に記された16年間保存されたままパソコンに眠っていた未発表のコラムである。コラムのタイトルは「バイロン モレノの真実」であった。

バイロン モレノの真実

日韓共催W杯で最も注目を集めた主審、エクアドル人のバイロン モレノ氏について、さまざまな報道が行われてきた。これから書こうとすることは、最近のモレノ氏に関する報道や、レキップ紙記者が現地でモレノ氏を取材した内容などをもとに、モレノ氏の行動原理を探ってみたい。

最も新しい情報は、デポルティボ・クエンカとキトとの一戦で主審を務めたモレノ氏が、3枚のレッドカードを出した。そのレッドカードのジャッジが、《適切ではない》とエクアドルサッカー協会に判断され、次節の試合でモレノ氏は休養を申しつけられたという。

この試合は、主審モレノの公式戦での復帰最初のゲームだった。エクアドルサッカー協会は、モレノ氏のジャッジの不的確さを問題にし、国内リーグのみ20試合の職務停止を命じていた。ピッチに復帰して、最初の試合のジャッジが、またしても問題にされてしまった。

モレノ氏の判定は何が間違っているのか、なぜ同じ人間が似たようなミスを繰り返すのか。それは、モレノ氏の考え方ややり方に、ある決まった原理があり、彼がその行動原理を守ろうとするから、変なジャッジが次々と起こるとしか考えられない。

行動原理というと堅苦しい言葉だが、簡単に言えば「考え方の癖による行い」で、なんらかの宗教や信仰に依存した行動の意味ではない。モレノ氏の「考え方の癖による行い」とは、どのようなものか。

本稿は、ステファン レルミット記者の取材、さらに記者とエクアドル人のバイロン モレノ氏の会話、そしてその記事を読み、ほかのメディアでのモレノ氏に関する記事に注意してきた筆者(私)の読解である。

(残り 4255文字/全文: 5705文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック