【サッカーパック人気1位】 ネルシーニョ監督の会見コメント/J2 第14節 水戸 vs 柏【試合終…

川本梅花 フットボールタクティクス

好調な選手・チームは特集される【会員限定】「サッカーダイジェスト」(2019年5月23日号)

【おいしい活字】「サッカーダイジェスト」(2019年5月23日号)

今回取り上げる「おいしい活字」は「サッカーダイジェスト」(2019年5月23日号)です。週刊だった雑誌が、現在は第2と第4木曜日の月2回発刊になりました。SNSの速攻性がある情報に比べ、タイムリーな情報では遅れてしまう雑誌の中で、サッカー系の雑誌は特に斜陽化が叫ばれてきました。そうした状況で、なんとか踏ん張っている印象があるのが、これから話題にする「サッカーダイジェスト」です。

雑誌の構成として、大きく2つに分けられます。「J1&J2全1250選手の通信簿」という企画と「ディエゴ オリベイラ」などの選手インタビューです。その中に、いま注目されているFW藤本憲明のインタビュー(p.26-29)があります。

藤本は、青森山田高校を卒業してから近畿大学蹴球部に進みます。そしてJFL(日本フットボールリーグ)の佐川印刷SCに所属しますが、2015年にクラブが活動休止になることで、当時J3の鹿児島ユナイテッドFCに移籍。2年連続でJ3得点王を獲得し、2018年にJ2だった大分トリニータに加入。今季、大分がJ1に昇格したことから JFLからJ1に上り詰めた選手としても話題になっています。

インタビューの中で記者に「サッカー人生の中でのターニングポイントは?」と聞かれた藤本は次のように話します。

2015年に佐川印刷が活動休止になった時です。企業チームでJ3を目指すチームではなかったので、その話を聞いた時は申し訳ないんですが、逆にチャンスだと思いました。Jリーグを目指しているチームにとって(選手を)取りやすくなるはずですし、オファーがもらえるのではないかと。

日本代表入りの噂がある藤本に対して記者が問いかけると、彼は「意識していない」と答える。それに対して「欲がない」と返す記者に、藤本はこう話します。

欲があればJ1まで、こんなに遠回りはしていないです。でも苦労したとは思ってなく、長かったとも思っていません。まあ今後はJ1で長くプレーしたい。それだけです。

また、インタビューものでは、水戸ホーリーホックの細川淳矢(p.60-62)と黒川淳史(P.64-66)が取り上げられています。

(残り 437文字/全文: 1364文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック