【サッカーパック人気5位】 2019Jリーグキックオフカンファレンスでの一問一答~川崎の鬼木達監督

川本梅花 フットボールタクティクス

#田向泰輝「(#水戸ホーリーホック との違いは)徳島は戦術の中でプレーする」【会員限定】J2第13節 #柏レイソル 1-0 #徳島ヴォルティス

【渦中の話】田向泰輝(徳島ヴォルティス)「徳島は戦術の中でプレーする感覚」

2019明治安田生命J2リーグ第13節
柏レイソル 1-0 徳島ヴォルティス
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/051211/live/

5月12日(日)に三協フロンテア柏スタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第13節、柏レイソル対徳島ヴォルティスの後、徳島DF田向泰輝選手に話を聞いた。話題は、昨季まで所属していた水戸ホーリーホックと、現所属・徳島の違いなどに及んだ。

――水戸ホーリーホックから徳島ヴォルティスに来て、もうすぐ半年になるね。チームには慣れた?

田向 チームには慣れました。でも、戦術がね……毎週変わるので、それに対応するのが難しいですね。

――今日の試合は、ビルドアップに入る攻撃時は4バックにして、守備時は5バックにしているの?

田向 基本的に守備時は最終ラインを3枚にして、相手の3トップを「見る」という感じです。

――攻撃参加に関して、サイドバック(SB)としてあまり高い位置を取らなかったけど、あれは戦っている中での判断なの?

(残り 1662文字/全文: 2164文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック