【サッカー人気1位】【松本山雅】[元悦対談]新監督・名波浩…

川本梅花 フットボールタクティクス

#リカルドロドリゲス 監督の会見から見えるチーム戦術【会員限定】J2第13節 #柏レイソル 1-0 #徳島ヴォルティス

【警告の代弁】監督会見から見えるチーム戦術

目次
徳島の課題は、どのチームにも当てはまる
「ボール保持」で問題解決を目指す
徳島の変則的な守備戦術

2019明治安田生命J2リーグ第13節
柏レイソル 1-0 徳島ヴォルティス
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/051211/live/

5月12日(日)に三協フロンテア柏スタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第13節、柏レイソル対徳島ヴォルティスの後、徳島DF田向泰輝は、前所属・水戸ホーリーホックとの違いについて「徳島は戦術の中でプレーする感覚」だと話していた。

この言葉をヒントに、今回は徳島のリカルド ロドリゲス監督による試合後記者会見から、試合分析を試みてみる。実際の会見では、丁寧語や日本語特有の婉曲(えんきょく)的な表現も使われていたが、ここでは、そうした部分を意図的にそぎ落としている。

徳島の課題は、どのチームにも当てはまる

まずは監督の試合総括から確認する。

「今日の相手(柏レイソル)が強いことは知っていて、さらに最近、あまり良い結果が出ていなかったこともあって、だからこそ高い気持ちを持って臨んでくるだろうと思っていた」

柏は5試合勝ちなし。4引き分けの後の前節・鹿児島ユナイテッドFC戦で黒星[1●2]を喫している。「最近良い結果が出ていない」、つまり柏が不調という認識に間違いはない。

「前半の立ち上がりは良くなくて、相手に押し込まれてしまった。15分以降くらいから少しずつボールを持てるようになってきたが、前半を通して見ると、落ち着きがなく、簡単にボールを失うことが多く見られた。そこは、今後変えていなければならない」

この言葉通り、柏の前線の選手は試合開始より、徳島DFにプレスを仕掛ける。徳島は激しい寄せに耐えられず、パスミスが目立っていた。柏にボールを奪われるとサイドから早めにクロスを入れられ、何度かピンチを招く。リカルド ロドリゲス監督は「変えないといけない」と言っているので、どのような修正を行うのか。これは次節・モンテディオ山形戦の注目点となる。

(残り 2430文字/全文: 3334文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ