今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

川本梅花 フットボールタクティクス

#黒川淳史 談話を通しての試合分析【会員限定】J2第14節 #水戸ホーリーホック 0△0 #柏レイソル #mitohollyhock #reysol

【警告の代弁】談話を通しての試合分析

2019明治安田生命J2リーグ第14節
水戸ホーリーホック 0△0 柏レイソル
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/051901/live/

5月19日(日)にケーズデンキスタジアム水戸で行われた明治安田生命J2リーグ第14節、水戸ホーリーホック対柏レイソルの後、水戸MF黒川淳史は「我慢の時間帯が多かった」と語った。今回は黒川の談話を通し、試合分析を試みる。会話後の文が、筆者による分析だ。

――今日は、やりにくそうだったね。

黒川「そうですね、今日は我慢の時間帯が多かったですね」

柏にボールを持たれ、水戸は自陣で防戦する時間帯が多かった。試合後に昨季現役を引退し、今季よりトップチームのコーチに就任した栗澤僚一も「決定力のなさが全てです」と話していた。確かに、柏には何度か決定的場面があり、それを柏FWが決めていたら試合は一方的になったのかもしれない。しかし、決めきれなかったことには理由がある。水戸の選手は、柏FWにきちんと体を寄せ、余裕を持った体勢でシュートを打たせていなかったのだ。

――黒川くんになかなかボールが入ってこなかった。

黒川「うまく動いて、相手のボランチのところでフリーになろうとしました。しかし、なかなか自由にさせてくれませんでした。セカンドボールを拾っても、うまくパスという形にまでなりませんでした。相手は、間をしっかり閉めてきていたし、センターバック(CB)もそこを潰(つぶ)しに、前へ出てきました。まあ、こういうゲームもあるかなという気がしています」

柏は、前節・徳島ヴォルティス戦[1〇0]の反省を踏まえ、水戸戦に備えてトレーニングを重ねたようだ。

(残り 2061文字/全文: 2807文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック