【サッカー人気3位】戦い方の変更と闘志の大切さについて

川本梅花 フットボールタクティクス

有効だった #國分将 と #宮崎泰右 のポジショニング【会員限定】J3第10節 #ヴァンラーレ八戸 3○0 #セレッソ大阪U-23 (@vanraure)

【警告の代弁】両ウイングバックのポジショニングがポイントに

目次
J3第9節までの状況整理
中盤は3対4で不利に見えるが……
試合のポイントは両ウイングバックの活躍

2019明治安田生命J3リーグ第10節
セレッソ大阪U-23 0○3 ヴァンラーレ八戸
https://www.jleague.jp/match/j3/2019/053001/live

5月30日の木曜日、明治安田生命J3リーグ第10節、セレッソ大阪U-23対ヴァンラーレ八戸がヤンマースタジアム長居で行われた。

J3第9節までの状況整理

ホームのC大23は、大熊裕司監督が指揮を執る。「4-4-2」のフォーメーションで、中盤にボックス型を採用。J3第9節終了時点で3位に位置する。総得点数は16でリーグトップ。その一方で総失点数は11(J3第9節終了時点)でリーグワースト6位タイと、守備に甘い面を持っている。

大石篤人監督が率いる八戸は、5月19日(日)に行われたJ3第9節・アスルクラロ沼津戦で0-1と敗れ、リーグ戦4連敗を喫している。しかし試合内容を見れば、攻撃の「流れ」は作れていた。失点を喫した8分の場面も、偶然の産物だったと言える。沼津MF尾崎瑛一郎のシュートがずれ、ゴール前に走り込んだMF佐藤尚輝のポジションまでボールが流れたようだ。

尾崎をフリーでペナルティエリアに進入させたのはマズかったが、失点後は守備も改善されている。後半になって、シュートがゴールポストに当たって跳ね返されるなど、得点チャンスを何度か作っていた。浮上するキッカケさえつかめれば……という、下を向く必要のない敗戦だ。

中盤は3対4で不利に見えるが……

両チームのシステムを組み合わせた図は、以下の通りだ。

C大23は「4-4-2」のボックス型を採用。中盤とディフェンスラインをそれぞれ4枚にした2ラインとなっている。一方の八戸は「3-5-2」。両ウイングバックが下がり気味で、中盤に三田尚希・新井山祥智・中村太一の3人を横に並べる。

(残り 1123文字/全文: 2012文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ