【サッカーパック人気3位】 ファン感謝デー「LOVE GRAMPUS Festa 2019」開催!…

川本梅花 フットボールタクティクス

守備ブロックを崩す #登里享平 と #長谷川竜也 の連係【会員限定】J1第14節 #川崎フロンターレ 1-1 #浦和レッズ #urawareds #frontale

【警告の代弁】先制点を生んだサイドバックとサイドハーフの連係

目次
「3-4-2-1」vs「4-4-2」
浦和の守備ブロックを崩したサイドの連係

2019明治安田生命J1リーグ第14節
川崎フロンターレ 1△1 #浦和レッズ
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/060107/live/

6月1日の土曜日、明治安田生命J1リーグ第14節、川崎フロンターレ対浦和レッズ戦が等々力陸上競技場で行われた。

浦和は、オズワルド オリヴェイラ前監督との契約解除にともない、大槻毅氏が再びチームを率いる。さらにコーチングスタッフの入れ替えも実施。5月26日(日)に行われたJ1第13節・サンフレッチェ広島戦を0-4で落とした浦和が、新監督を迎えてどのような戦い方をするのか、注目される。

筆者は大槻氏を取材したことがある。2016年、雑誌『サッカー批評』(双葉社)の仕事で、筑波大学蹴球部に関する話題だった。大槻氏と日本サッカー協会(JFA)会長・田嶋幸三氏の関係にも触れている。以下の記事で、その内容を一部紹介している。

大槻毅暫定監督が話した田嶋幸三会長から受けた影響【時間の暴走】第18話:過去の取材ノートより

「3-4-2-1」vs「4-4-2」

ホームの川崎Fは、鬼木達監督が指揮を執る。「4-4-2」のフォーメーションで、中盤にボックス型のシステムを採用する。浦和のフォーメーションは、大槻監督が昨季指揮した時に用いた「3-4-2-1」を採用。選手起用においては、明治大学から加入の1年目・岩武克弥を先発起用した。岩武はJ1初出場となる。両チームのシステムを組み合わせた図は、以下の通りだ。

Jリーグでは、しばしば「3-4-2-1」の布陣で戦っているチームが見られる。J1ならば、浦和や大分トリニータが挙げられる。ただし同じフォーメーションでも、システムは異なる。川崎Fが採用する「4-4-2」も多くのチームで採用されている。本サイトで取り上げることの多い水戸ホーリーホックも同じ布陣だ。しかも中盤は、ともにボックス型を採用している。

(残り 1295文字/全文: 2198文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック