『サッカーがすごく楽しい』細貝萌がタイでプレーして気づいたこととは(J論)

川本梅花 フットボールタクティクス

左サイドバック #志知孝明 の成長と #村田航一 の後ろ姿【会員限定】J2第17節 #水戸ホーリーホック 4○2 #アビスパ福岡 #mitohollyhock #avispa

【警告の代弁】伏線がひかれた村田航一のゴール

目次
左サイドバック志知孝明の成長
村田航一の後ろ姿

2019明治安田生命J2リーグ第17節
水戸ホーリーホック 4○2 アビスパ福岡
http://www.mito-hollyhock.net/games/14290/

6月9日の日曜日、明治安田生命J2リーグ第17節、水戸ホーリーホック対アビスパ福岡が、ケーズデンキスタジアム水戸で行われた。

ホームの水戸は、長谷部茂利監督が指揮を執る。「4-4-2」のフォーメーションで、中盤がボックス型のシステムを採用。前節のレノファ山口FC戦でイエローカードをもらった前寛之は累積で出場停止。細川淳矢と木村祐志は、ケガのために出場できない。左サイドハーフ(SH)にスピードが売りの浅野雄也が起用される。FWには村田航一を抜擢。2人とも3月に大学を卒業したばかりの選手だ。

福岡は、イタリア人のファビオ ぺッキア監督が退任し、コーチだった久藤清一氏を新監督に指名した。久藤監督は、前監督と同じ同じ「4-2-3-1」を採用。守備時は「4-4-2」になって2トップが水戸の2人のセンターバック(CB)へプレスに行く。ビルドアップ時はCBが左右に大きく広がり、CHの1人が2人のCBの間に降りてきて3バックで対応する。

両チームのシステムを組み合わせた図は、以下の通りだ。

左サイドバック志知孝明の成長

前節・レノファ山口FC戦では、左サイドの連係について指摘をした。

サイドバックの前方をふさがれた場合は?【会員限定】J2第16節 #水戸ホーリーホック 0●1 #レノファ山口FC #mitohollyhock #renofa

左サイドバック(SB)志知孝明の前には、左SHの茂木駿佑がいる。志知がオーバーラップしようにも、山口のウイングバック(WB)が志知の前に立ちふさがり、なおかつ茂木もサイドラインに張るので、志知が前進する道を塞がれていた。

(残り 1398文字/全文: 2197文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック