【サッカーパック人気5位】 長谷川竜也の負傷と、交代采配が分水嶺に。自ら流れを手放し天皇杯敗退/天…

川本梅花 フットボールタクティクス

危険な場所でのファウル…原因は消極的な守備に【会員限定】J3第11節 #ヴァンラーレ八戸(@vanraure)0●3 #藤枝MYFC

【警告の代弁】ホーム未勝利のプレッシャーか…求められる変化

2019明治安田生命J3リーグ第11節
ヴァンラーレ八戸 0●3 藤枝MYFC
https://www.jleague.jp/match/j3/2019/060909/live/

6月9日の日曜日、明治安田生命J3リーグ第11節、ヴァンラーレ八戸対藤枝MYFCがダイハツスタジアムで行われた。

ホームの八戸は前節、連敗を4で止め、6試合ぶりの白星を挙げた。フォーメーションは前節と同じ「3-5-2」で、細かく記せば「3-2-3-2」の2トップ。今季ホームでの初白星を狙う。

対する藤枝は、現在八戸を率いる大石篤人監督が2015年から2018年7月まで監督を務めた古巣だ。新監督に名将・石﨑信弘氏を迎えた藤枝。フォーメーションは「3-6-1」で、1トップは森島康仁が務める。J3第7節で首位に立つも、直近3試合は1分け2敗と停滞しており、再浮上のキッカケを欲している。

両チームのシステムを組み合わせた図は、以下の通りだ。

消極的な守備…思い切った変化が必要

八戸の3失点は、直接FKとPKからである。これらの失点は、相手のキッカーを褒めるしかない。例えば58分、藤枝FW森島康仁のPKは、八戸GK花田力がコースを読んでいた。あと数センチでボールに手が届きそうだったが、森島のキックはギリギリの場所を突き、防げなかった。2つの直接FKも、キッカーのうまさを認めるしかない。しかし、直接FKやPKを与えたキッカケは問題だ。

(残り 716文字/全文: 1373文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック