監督・永井秀樹は稀代のロマンチストかリアリスティックな戦術家か(J論)

川本梅花 フットボールタクティクス

#金弘淵(#キムホンヨン)「自分の力を出し切れているのかと言えば全く…ですね」【会員限定】#ヴァンラーレ八戸(@vanraure)から #奈良クラブ(@naraclub_info)へ期限付き移籍

【渦中の話】金弘淵(奈良クラブ)「チャンスの時はシュートを狙いたい」

金弘淵選手 2019シーズン新加入のお知らせ
http://naraclub.jp/archives/32278

奈良クラブからのリリースを知って「そうだろうな」と思った。

金弘淵(キム ホンヨン)は2018年にグルージャ盛岡からヴァンラーレ八戸へ加入し、12試合で4得点を挙げている。しかし、同年5月に負傷。回復するまでに5カ月間を費やした。新たな気持ちで臨んだ2019シーズンの金弘淵に出場機会は与えられていない。29歳になる流浪のストライカーは、これからの道をどこに求めるのか。このまま八戸に所属していても、おそらく試合で使ってもらえるチャンスはほとんどないだろう。大石篤人監督のFWの選択は、谷尾昂也か上形洋介のどちらかにある。実際に、得点を挙げている2人のFWを1トップ、あるいは2トップで起用するのは当然の選択だ。金弘淵は、いまある現実を受けて止め、これからどうすれば良いのか考えているはずだ。僕はそう察し、7月28日に行われたY.S.C.C.横浜戦の後、話を聞こうとして声を掛けた。

「え? 僕ですか?」

金弘淵は少し驚いた表情を見せる。

「そうだよ」と言ってバスに乗り込む足を引き止めた。

――八戸に来て1年間を過ごして今季で2年目になるけど、八戸はどんなチームだと感じてる?

金弘淵 いままで所属して来たチームの中では、一体感がすごく強いです。チームのために走る。チームのためにと考えてプレーする選手が多い。

――そうしたチームの中で、自分の力を出し切れていると思う?

金弘淵 今季はまだ出場がないので、自分の力を出し切れているのかと言えば、全く……ですね。

――それはなぜ?どうして試合に使ってもらえないのかな?

(残り 815文字/全文: 1549文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック