Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

川本梅花 フットボールタクティクス

#水戸ホーリーホック は昇格できるか?【会員限定】#ラインメール青森 アカデミーダイレクター堀江哲弘(@tetsuhorie)に話を聞く #mitohollyhock

【警告の代弁】水戸ホーリーホックはJ1に昇格できるのか?堀江哲弘(ラインメール青森アカデミーダイレクター)が水戸を分析する
目次
敗れた試合を分析する意味と書けなくなった私個人の話
守備面を検証しよう
攻撃面と失点場面を検証しよう
J1昇格は可能なのか?

敗れた試合を分析する意味と書けなくなった私個人の話

勝った試合を分析するなら、そのチームの優れた点は簡単に指摘できる。それは当然で、試合に勝ったのだから、チームや選手の良い点を強調すれば良いからだ。「あの選手のここが素晴らしい」「監督の指導が素晴らしい」「クラブの方針に迷いがない」などの賛辞が述べられる。試合に敗れた場合でも「この試合を次につなげたい」「誰もが諦めていない」「チームの立て直しに期待したい」など、希望的な観測を述べることは可能だ。そして、そうした記事を求めているサポーターがいることも事実だ。逆に言えば、サポーターの心情として、チームや選手に対するネガティブな意見を好まない人もいるということだ。

実は水戸に限らず、クラブに関する記事を書く時、クラブや選手やサポーターと不協和音を生まないようにセーブして書いていた。“セーブして”というのは「真実とか事実だけが全て正しいということではない」といった立場を指す。そうして記事を書いていたら、自分自身「何をやっているんだ?」という心境になり、文章が全く書けなくなってしまった。さらに、これは私個人のことなのだが、身近な人の死や私自身の病気のことなどで、相当にへこんだ日常生活になってしまっていた。

このサイトの会員になってくださった方には更新頻度が乏しく、とても迷惑を掛けてしまい、本当に申し訳なく思う。この場を借りて「すみませんでした」と言わせてほしい。ここ数カ月、「私が文章を書く」意味はなんなのだろうかと真剣に考えた。誰のために文章を書けばいいのか。そうしたことを考えて考え抜いた。昨日、Twitter(ツイッター)に書いた以下の文がそのことを指している。

私が投げ掛けた言葉は、投げ掛けた瞬間、すでに私のものではない。誰かが私の言葉を拾って消費していく。そして次の誰かによってまた消費されていく。それでいいんだ。私は、飾りのない思った通りの内容を正直に書けばいい。それだけが私の生きる道なんだ。そうした結論にたどり着いた。

これはお願いなんだけど、もしそう思うなら、ぜひ、このサイトの会員になってほしい。なぜならばホームゲームだけではなくアウェイでの取材を含め、活動の場を広げたいと考えているので、多くの人に会員になって取材のための協力をしてほしい。

さて試合分析だか、水戸が敗れた試合、8月24日に行われた東京ヴェルディ戦を分析しようと思う。試合に敗れたには敗れたなりの理由がある。そこを解明することが、明日への戦いの糧になると考えるからだ。読者の皆さんは、チームが本当はどのレベルにあるのかを知りたいと思わないか。そうしたことを理論的に戦術的に知りたいと思う読者のために私は書く。

2019明治安田生命J2リーグ第29節
水戸ホーリーホック 1●2 東京ヴェルディ
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/082409/live/

水戸のシステムは「4-4-2」のボックス型。東京Vは「4-3-3」の中盤が逆三角形の布陣を採用する。この試合の分析について、ラインメール青森のアカデミーダイレクターである堀江哲弘氏に協力をお願いした。そう考えたのには、現場での指導者の意見を取り入れることの重要性を考えたからだ。なぜなら水戸の順位は昇格のチャンスにあるのだが、実際にJ1リーグに昇格しても我慢できるだけの耐久性がチームにあるのかを明らかにしたかったからだ。正直に言って、昇格は難しいレベルにあると私は考えている。仮に昇格しても、どこまで耐えられるのか不安が尽きない。私に近い西村卓朗強化部長の存在や好意を持っている選手の存在があるので、J1に昇格できるだけで良いという思いはある。実際そうなれば、ものすごくうれしい。しかし、そうした思いとは別に、サッカーライターとして本当に考えていることを示さないとならないと思う。

両チームのシステムを組み合わせた図は以下の通り。

守備面を検証しよう

――忙しい中、時間を取ってくれてありがとう。青森での生活は慣れた?

堀江 だいぶ慣れましたよ。

――ラインメールでの仕事に関しては、この記事とは別に話を聞くので、まずは水戸対東京Vを見た感想を聞かせてほしい。あえて負けた試合を分析対象にしたのは、この試合に水戸の改善すべき点が凝縮されていると考えたからなんだよね。特に守備に関して、相手への寄せが甘いと思うんだ。もちろん全てではなく、90分の中の何分かなんだけど、その何分かに失点をしている。実は、同じ過ちが繰り返されている。選手が諦めて相手を追いかけるのをやめたり、自分の判断でプレーをやめたりする場面がある。それが水戸の本当の姿なんだよね。順位と勝ち星で隠されてはいるんだけど。そうした点を堀江くんには語ってほしいんだ。

(残り 4435文字/全文: 6619文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック