【サッカー人気3位】4-3-3のトレンドにあえて逆行する川…

川本梅花 フットボールタクティクス

#宮崎純真 ニアゾーンに走り込め!【会員限定】J2第33節 #ヴァンフォーレ甲府 1△1 #アルビレックス新潟 #vfk #albirex

【警告の代弁】宮崎純真 ニアゾーンに走り込め!
目次
両チームのシステムを組み合わせる
宮崎純真にみた可能性
ニアゾーンに走り込め!
宮崎純真の投入後に生まれた変化

2019明治安田生命J2リーグ第33節
ヴァンフォーレ甲府 1△1アルビレックス新潟
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/092101/live/

両チームのシステムを組み合わせる

9月21日の土曜日、明治安田生命J2リーグ第33節、ヴァンフォーレ甲府対アルビレックス新潟が山梨中銀スタジアムで行われた。

ホームの甲府はここ4試合、2勝1分け1敗で乗り切っている。フォーメーションは「3-4-2-1」の3バックを採用。対する新潟のフォーメーションは「4-2-3-1」だ。

両チームのシステムを組み合わせた図は、以下の通り。

宮崎純真に見た可能性

19歳の宮崎純真は、東京五輪の代表になれる逸材だ。彼は、山梨学院高校時代から注目された選手である。2018年の全国高校総体優勝に貢献し優秀選手に選ばれている。日本代表歴は、2019年日本高校選抜に選出された。

筆者が宮崎の可能性に確信を持ったのは、9月18日に行われた天皇杯4回戦、延長戦の末に 甲府が2-1で法政大を破った試合だ。1-1の同点で迎えた延長前半3分、佐藤洸一からのボールを宮崎が相手DFをかわしてシュートを蹴り込みゴールを決める。この場面ですごかったのは、ファーストタッチで相手をかわしてシュート選択をしたことだ。ボールを受けた瞬間に相手DFとGKの位置を確認した結果、一連の動作を選択したのだろう。

(残り 1129文字/全文: 1828文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック