【サッカーパック人気2位】 【代表うぉっち】「僕にはマリノスが染み付いている」畠中槙之輔がベネズエ…

川本梅花 フットボールタクティクス

敗れた原因は「戦術」でも「システム」でも「戦略」でもない【会員限定】J2第35節 #水戸ホーリーホック 2●3 #大宮アルディージャ #mitohollyhock #ardija

【警告の代弁】敗れた原因は「戦術」でも「システム」でも「戦略」でもない

目次

両チームのシステムを組み合わせる

敗れた原因は「戦術」でも「システム」でも「戦略」でもない

3失点した場面を検証すると敗因が現れる

10月6日日曜日 14:03 キックオフ ケーズデンキスタジアム水戸

2019明治安田生命J2リーグ第35節
水戸ホーリーホック 2⚫︎3 大宮アルディージャ

https://www.jleague.jp/match/j2/2019/100601/live/

両チームのシステムを組み合わせる

大宮の「3-4-2-1」の3バックを攻略する方法として、本サイトで指摘しているイエローゾーンへ侵入が挙げられる。エンドライン深くからバイタルエリアへマイナス方向にクロスを入れるやり方である。3バックのシステムの宿命とも言えるウィングバックの裏がぽっかりと空くスペース。攻撃側にとって、このスペースをいかに攻略するのかが得点チャンスを生むことになる。逆に、守備側としては、このスペースをいかにカバーしていくのかに焦点が当てられる。実際に、水戸の追加点は、イエローゾーンを攻略した結果に生まれたものだった。

両チームのシステムを組み合わせると以下になる。

(残り 2412文字/全文: 2970文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック