大久保嘉人に見る、ベテランの味わい方(J論)

川本梅花 フットボールタクティクス

#久保建英 ボールウオッチャーはいらない!【会員限定】ラ・リーガ第8節 #マジョルカ 2-0 #エスパニョール

【決定的な1分間】ボールウオッチャーはいらない!

目次

ボールウオッチャーはいらない!
久保建英の適正ポジションはどこか?

LaLiga Jornada 8
RCD MALLORCA 2-0 RCD ESPANYOL DE BARCELONA
https://www.laliga.com/partido/temporada-2019-2020-laliga-santander-rcd-mallorca-rcd-espanyol-8

ボールウオッチャーはいらない!

後半12分になって久保建英がピッチに送り込まれた。ラゴ ジュニオルに代わった久保は、彼と同じポジションの左サイドハーフを任された。サイドハーフにとって重要な資質は、視野の広さとプレーの展開を的確に読み取れる戦術眼を備えていることである。攻撃と守備において、次のプレーを的確に予測してボールよりも先に動くことが求められる。そして、攻撃面では的確で素早いプレー選択が必要とされ、守備の局面で最も重要視されるのは、ポジショニングに優れているのかということだ。つまり、プレー選択を間違ってはいけないのである。サイドハーフは、激しい上下の動きを90分求められる。そのポジションのプレーヤーは、ダイナミズムと持久力が備わっていなければならない。

(残り 1330文字/全文: 1894文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック