サッカーライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

川本梅花 フットボールタクティクス

#差波優人 「自分で道を切り開いていく、そうやって生き残っていくしかない」【会員限定】八戸出身のセンターハーフが目覚める時

【渦中の話】差波優人(ヴァンラーレ八戸)「自分で道を切り開いていく、そうやって生き残っていくしかない」

差波優人という青森県出身のセンターハーフがいる。彼は、9月1日のギラヴァンツ北九州戦からヴァンラーレ八戸の試合に出場している。北九州戦から11月3日の藤枝MYFC戦までの9試合すべてにスタメンで起用されてきた。筆者は同郷の彼が、ベガルタ仙台に加入したことを覚えている。その後、グルージャ盛岡を経てカターレ富山に移籍する。筆者の記憶にある彼の姿はここまでだった。富山での実績を残した彼がどうしてそのまま契約を延長しなかったのか。筆者は、富山が契約を延長しなかったからだ、と勝手に思い込んで差波の名前を記憶から外していた。しかし、実情は違っていたのである。

差波が八戸でプレーしていることを知って、彼がなぜ、日本を後にして再び八戸でプレーしているのか気になった。彼がクロアチアのクラブをなぜ選んで、八戸にどうして戻ってきたのか。真相を知るためには、直接本人に話を聞くしかない。試合が終わった差波を呼んでもらった。

−−クロアチアに行く前は、カターレ富山にいたんだよね。それでヴァンラーレ八戸に来た。どうして海外から八戸でプレーしようと思ったの?

差波 以前から向こう(海外)でやりたい気持ちがあったんです。でも、向こうに行って見たらなかなかうまくいかなかった。そんな中で八戸から話をもらいました。

(残り 1309文字/全文: 1902文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック