サッカーライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

川本梅花 フットボールタクティクス

超えられそうで超えられない壁【会員限定】J2第35節 #鹿児島ユナイテッドFC 1●0 #水戸ホーリーホック #mitohollyhock

【警告の代弁】超えられそうで超えられない壁

サッカーだけを見れば、ビルドアップからゲームを作ろうとする水戸と、ビルアップをまったく放棄して戦った鹿児島の試合は、チーム力では測れない「何か」がそこにはある、と思わさせられた。

目次

両チームのシステムを組み合わせる
失点の場面を見てみる

11月16日土曜日 15:03 キックオフ 白波スタジアム

2019明治安田生命J2リーグ第41節
鹿児島ユナイテッドFC 1⚫︎0 水戸ホーリーホック
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/111611/live/

両チームのシステムを組み合わせる

水戸ホーリーホックのシステムは、「4-4-2」の中盤をボックス型にする。試合中の状況で、「4-4-1-1」のフォワード(FW)が縦関係になることがある。鹿児島ユナイテッドFCは「4-2-3-1」のシステムを採用している。両チームのシステムを組み合わせてみると、基本的にマッチアップ状態になっている。それ以外のポジションは、2対1で水戸の数的優位の場所がある。それは次の組み合わせだ。

(残り 1391文字/全文: 1885文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック