【サッカー人気1位】村井チェアマンの決断を心から支持する理…

川本梅花 フットボールタクティクス

#清水英斗 が語る水戸のサッカー【会員限定】J2最終節 #水戸ホーリーホック 1○0 #ファジアーノ岡山 @hollyhock_staff @fagiano_koho

【渦中の話】清水英斗が語る水戸ホーリーホックのサッカー

分析対象試合:明治安田生命J2リーグ最終節 水戸ホーリーホック1○0ファジアーノ岡山

11月24日日曜日 14:03 キックオフ ケーズデンキスタジアム水戸
2019明治安田生命J2リーグ第42節 水戸ホーリーホック1○0ファジアーノ岡山
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/112402/live/

清水英斗が語る水戸ホーリーホックのサッカー

――今回、サッカーライターの清水英斗さんを迎えて、水戸ホーリーホックの戦い方について話してもらいます。普段は、サッカー日本代表や海外サッカー、J1リーグの試合観戦や試合分析をしているわけですが、J2リーグって見ます?

清水英斗 地元のFC岐阜はたまに見ますが、それ以外はほとんど見ないです。見られないと言った方がいいかな。日本代表戦の前には、対戦国の試合も3試合はチェックして準備しますが、それにJ1と海外サッカーも含めたら、なかなかJ2まで手が回りません。

――J2の試合を見て、どんな印象を受けましたか?ある意味で新鮮だったんじゃない。

清水 J1との違いは明白で、ロングボールが多いことですね。ロングボールにまたロングボールで返ってくる。あの応酬はJ1や日本代表ではなかなか見られないので、新鮮でした。

――水戸のサッカーの第一印象は?

清水 サッカーの質の高さや、守備が整備されている点が印象に残りました。

――試合を見ての感想は?

清水 この試合に限って言うと「もったいない」としか言えません。特に終盤ですね、どうやってゲームを作っていくのかが曖昧だったように見えました。

――「曖昧だった」というのはどういった意味で?

(残り 4201文字/全文: 4943文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック