J論J2チャンネル、スタート!!

川本梅花 フットボールタクティクス

#ヨコハマ・フットボール映画祭2020 『 #ヴァトレニ -クロアチアの炎- 』を見る前に【会員限定】未来は誰のためにある? @yffforg

【フットボールシネマの逆襲】映画『ヴァトレニ -クロアチアの炎-』を見る前に −未来は誰のためにある?−

ヨコハマ・フットボール映画祭2020が、1月25日と26日に開催されます。今年で10回目となる映画祭の中で、上映作品のひとつの『ヴァトレニ -クロアチアの炎-』について少し話したいと思います。なお、映画祭の内容は、以下のWeb「サッカーキング」でも詳しく紹介されています。

「ヨコハマ・フットボール映画祭2020」が1月25日、26日開催…トークショーなどのイベントも充実

映画

『ヴァトレニ -クロアチアの炎-』

原題:Vatreni
監督:エドソン・ラミレス
出演:ブラジェヴィッチ、ビリッチ、シュティマッツ、ヤルニ、プロシネチュキ
87分/2018年/メキシコ、クロアチア

プロット

サッカーは人々を結びつけるが、時に社会を分断することもある。ユーゴスラビア連邦からの離脱の引き金となったマクシミールスタジアムでの暴動、泥沼の独立戦争、そして初のワールドカップでの国民の期待と歓喜。激動の日々を過ごしたクロアチア代表の監督、選手たちが重い口を開いた。

 

未来は誰のためにある?

まず、次のコラムを読んでもらいたいのです。ドキュメンタリー『引き裂かれたイレブン~オシムの涙~』は、旧ユーゴスラビア代表の最後の監督となったイビチャ オシムを中心に、フットボールが政治的プロパガンダとして民族紛争に関わってしまう姿を描いています。

どんな状況でも、この世にはフットボールがある【フットボールシネマの逆襲】ドキュメンタリー『引き裂かれたイレブン~オシムの涙~』を見て

(残り 1336文字/全文: 2003文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック