【サッカー人気2位】栃木SCが今月19日までチーム活動を自…

川本梅花 フットボールタクティクス

サイドバックの裏を狙う湘南と早めにクロスを入れる浦和【試合分析】明治安田生命J1リーグ #湘南ベルマーレ 2-3 #浦和レッズ

【警告の代弁】サイドバックの裏を狙う湘南と早めにクロスを入れる浦和

2020明治安田生命J1リーグ第1節
湘南ベルマーレ 2-3 浦和レッズ
https://www.jleague.jp/match/j1/2020/022101/live/

両チームのシステムを見てみましょう。湘南のディフェンスラインは3バックで、3人のセンターハーフ(CH)を置いた「3-5-2」です。一方の浦和のディフェンスラインは4バックで、中盤はボックス型の「4-4-2」です。以下が両チームのシステムを組み合わせた図です。

サイドバックの裏を狙う湘南と早めにクロスを入れる浦和

今季初めて導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によって79分に与えられたPKや、浦和が3バックから4バックへチェンジしたこと、湘南の浮嶋敏新監督がどんなサッカーをやってくるのかなど、注目に値する試合でした。

湘南は、昨季までの縦への早い攻撃はせずに、ボールを大切にして数的優位を作って攻めていこうというやり方をしてきました。湘南の狙いは、「サイドバック( SB)の裏を狙え」です。右SB橋岡大樹と左SB山中亮輔が高い位置をとって攻め上がるので、どうしても浦和はSBの背後が空いてしまいます。そこに湘南は狙いを定めます。湘南は右サイドから左サイドへの大きなサイドチェンジを仕掛けたり、右ウイングバック(WB)の石原広教が山中と1対1の駆け引きをして、ゴールライン付近まで山中を引っ張ってクロスを上げたり、湘南の狙いと攻撃がマッチしていました。

当然、攻撃の意図と実際の攻撃がマッチしているのですから、試合開始からゲームは湘南のペースです。浦和にとって、もうひとつ厄介なことがありました。システムの組み合わせから生じる弊害です。「システムのミスマッチ」とよくいうのですが、湘南の「3-5-2」に対して浦和の「4-4-2」のシステムの組み合わせを見れば、どこが問題なのかすぐに分かります。以下の図を見てみましょう。

(残り 1344文字/全文: 2174文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック